クラウドラインって実際どうなの?料金形態や評判・口コミを徹底調査

この記事では、光回線の「クラウドライン」に関する情報を要点を分けてネット初心者の方にも分かりやすい言葉でまとめています。

内容は、

  • どんな特徴があるのか
  • 料金などのサービス内容
  • 評判・口コミはどうか
  • 他社との徹底比較

といった順に細かくわけて解説しています。

クラウドラインに入ろうか悩んでいる方で「実際にどうなの?」「他と比べてサービスはお得なの?」「加入しても大丈夫?」に思っている場合は、この記事を読んで少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

それではいってみましょう。

クラウドラインって?

戸建て マンション
月額料金 1年目:4,980円
2年目:5,300円
1年目:3,980円
2年目:4,300円
回線速度 1ギガ
工事費 24,000円
初期費用 3,000円
スマホ割
違約金 15,000円
キャッシュバック
評価
(2.9)

下記に1つ1つ「クラウドライン」の特徴をまとめてみました。早速チェックしていきましょう。

株式会社ハイホーが運営する光コラボ回線

「クラウドライン」は、「株式会社ハイホー」というポケットWi-Fiやプロバイダーのhi-hoを運用している会社がフレッツ光と同じNTT回線を利用して提供している光回線です。(NTT回線を利用して光回線を提供しているサービスを「光コラボレーション」といいます。)

フレッツ光と同じ回線を利用しているため、工事をせず乗り換えが出来…更にフレッツ光の違約金もかからないので…フレッツ光を利用していた方が「クラウドライン」に乗り換えることが多いです。

しかしながら、クラウドラインには他回線よりも優れているポイント・乗り換えするメリットがあまりないのが特徴です。

結論から言ってしまえば、フレッツ光以外から乗り換えようとしている方は間違いなく他光回線のほうがメリットが多く、お得なので「クラウドライン」を選択肢にいれずに他回線への乗り換えを視野にいれましょう。

他回線のまとめはコチラに全部まとめていますので、チェックしてみてください。

キャッシュバックや工事費無料キャンペーンがない

クラウドラインでは、キャッシュバックキャンペーンや工事費無料キャンペーンを行っていません

他社回線の場合、「高額キャッシュバック」や「工事費無料」といったキャンペーンをしていることが多く…全くキャンペーンをしていないほうが珍しいくらいです。

なので、キャッシュバックやキャンペーンをやっている他社と比べてしまうと、クラウドラインはお世辞にもお得とは言えないですね。

 

他の光回線は3〜5万のキャッシュバックを行っていたり、工事費を丸々無料にしてくれることが多いので…少しでもお得に光回線を乗り換えたい方や初期費用を抑えたい方はクラウドラインではなく他の回線を選ぶほうが良いでしょう。

スマホ割がない

クラウドラインには、スマホと一緒に使うと適用できる割引サービス「スマホ割」がありません

最近では、auやSoftbank、docomoといった大手携帯キャリアやワイモバイルなどの格安SIMとコラボをして…毎月の通信費が抑えられるスマホ割と行っている光回線が多いです。

”スマホ割”を適用するためにわざわざ光回線を乗り換える人もいるくらい、通信費を節約したい方には重要なポイントです。

しかし、クラウドラインはどのスマホともコラボをしていないのでお得なスマホ割がありません。

なので、少しでもお得に光回線を開通したかった方や毎月の通信料を抑えたいと思っていた方には残念なポイントの1つと言えるでしょう。

総合評価★★☆☆☆

クラウドラインには、キャッシュバックや工事費無料などのお得なキャンペーンが一切ありません。

また、他光回線では一般的になってきているスマホ割もないので…ハッキリ言ってメリットと言えるポイントがありません。

他社だと9,800円が相場の違約金もクラウドラインだと15,000円と高め。なので、「インターネットはできるだけ安く使いたい」という方にとっては向かない光回線となっています。

どうしてもクラウドラインを使いたいというこだわりを持っているなら別ですが、特にこだわりがないのであれば他回線を選んだほうがお得に利用できるでしょう。

料金は?

このパートでは、クラウドラインの料金についての情報を詳しくまとめています。

クラウドラインの料金は、

戸建て マンション
基本料金 1年目:4,980円
2年目:5,300円
1年目:3,980円
2年目:4,300円
工事費
(新規のみ)
24,000円
事務手数料 3,000円
契約期間 2年
解約金 15,000円
(3年目以降:9,975円)

となっています。

それでは各項目に分けて1つ1つ詳しく解説していきましょう。

基本料金:4,980円

戸建て マンション
基本料金 1年目:4,980円
2年目:5,300円
1年目:3,980円
2年目:4,300円

クラウドラインの月額料金は、戸建てタイプとマンションタイプで料金が違います。
また、継続年数によっても異なります。

一般的な月額料金の相場は、

  • 戸建て:5,200円
  • マンション:3,800円

となっているので、そう考えるとクラウドラインは相場並みの料金と言えますが…毎年価格が変わるので非常に複雑で分かりづらいです。

しかし、他回線では基本料金にプラス、セットで付けておくべき有料オプションがあったりもしますが…クラウドラインの場合は追加すべき有料オプションも特にないので、「え、結局こんなに高いの!?」といったギャップを感じることはなく…安心感はるでしょう。

工事費:24,000円

戸建て マンション
工事費 24,000円

クラウドラインを、新規で契約する場合は上記の工事費がかかります。

新規というのは、

  • 今現在ネット回線を繋げていない方
  • フレッツ光以外の回線をご利用中の方

がクラウドラインを契約した場合のことを言います。

支払いは、一括もしくは分割と選べ…分割の場合は月額利用料にプラスして請求されます。

 

他回線では、この工事費を無料にしてくれるキャンペーンが合ったりしますが…残念ながらクラウドラインでは工事費無料キャンペーンがないため…新規の方は必ずこの工事費がかかってしまうことを覚えておきましょう。(※フレッツ光から乗り換えの場合は、工事自体がないため工事費はありません。)

初期費用:3,000円

戸建て マンション
初期費用(新規) 3,000円
初期費用(転用) 3,600円

クラウドラインを申し込んだ後には必ず上記の初期費用が発生します。

初期費用は、

  • 新規:現在どの回線も利用していない・フレッツ光以外からの乗り換え
  • 転用:フレッツ光からの乗り換え

と申込方法によって料金が異なります。

この初期費用は、どの光回線でも必ず初月にかかってくる料金です。

初期費用の相場も、クラウドラインと同じく3,000円なので…初期費用が高いというイメージは全くありません。安心してください。

違約金:15,000円

クラウドラインの違約金は、継続している契約期間によって異なります。
初回契約期間の2年間で解約をすると15,000円の違約金が発生。それ以降は、9,975円になります。

実はこの違約金、他回線に比べるとカナリ高いです。

他回線の違約金・契約期間と比べてみると…

クラウドライン 他回線
違約金 15,000円 9,800円
契約期間 2年 2年

他回線に比べて、違約金が5千円以上もクラウドラインのほうが高いので…クラウドラインを選ぶ際には、2年以降も使うのか否かということも加味した上で検討するようにしましょう。

オプション:ウイルス対策『KINGSOFT』が無料

クラウドラインは、他回線ではプラス料金かかるオプションである「ウイルス対策ソフト」が無料でついてきます。

他回線では500円かかるオプションなので、元々ウイルス対策のためにソフトを購入しようとしていた方やオプションを付けようと思っていた方にとっては嬉しいポイントです♪

購入すると毎月5,000円以上は必ずかかってきてしまうものなので、それを無料にできるってだけでもかなりオトクですね!

 

またKINGSOFTを使用しているユーザーも多いので、安心して導入することも可能です。

申し込み窓口:HPまたは電話

申し込みを行う場合は2パターンあります。

  1. HPでお申し込み
  2. カスタマーセンターに電話してお申し込み

の2種類です。

HPからの場合は、こちらのリンクに飛び…お名前・電話番号・メールアドレス等の簡単な項目を入力するだけでお申し込みが可能です。

電話で申込みをする場合は…

カスタマーセンター

0570-020-301

年中無休:10:00〜18:00(年末年始は除く)

コチラに電話をすれば、お申し込みが可能です。
ただ、携帯やPHSからかける場合はどうしても電話料金がかかってしまいます。

そのため、無駄なお金をかけずにお申し込みをしたい場合は、HPからお申し込みするほうが良いでしょう。

解約手続きは?

クラウドラインの解約は電話ですることが出来ます。

電話番号は…

カスタマーセンター

0570-020-301

年中無休:10:00〜18:00(年末年始は除く)

上記の番号に電話をする前に、契約した時に届いた『開通書類』を準備しておくと解約がスムーズです。

 

他回線はネットで解約申込みをすることも可能ですが、クラウドラインの場合必ずお電話での解約となります。

解約の時は、どうして解約に至ったのか簡単な質問をされますが…無理に解約を止めることはないので安心しましょう。

速さは?

このパートでは、光回線を使う上で重要な速度についてまとめてみました。

クラウドラインの速度は、

戸建て マンション
速度 1ギガ 100メガ

となっています。

それでは各項目に分けて1つ1つ詳しく解説していきましょう。

1ギガ

クラウドラインは、戸建て1ギガ・マンションだと100メガの速度がでます。

クラウドラインのサイトを見ても速度についての情報がないので、不安に感じる方も多いとおもいますが・・・基本は同じ光ファイバーを利用しているフレッツ光の速度と一緒です。、

クラウドライン 他光回線
戸建て 1ギガ 1ギガ
マンション 100メガ 100メガ

このように、一般的な光回線も同じ速度なので、速度に関しては他と変わりません。

しかし、同じ速度だとしても利用している地域や時間帯によって快適な速度になるのか…読み込み中が長く続くような速度になるのかは使ってみないとわかりません。

そういった点で自信をもって『クラウドラインは速い』と言えないのもデメリットの1つと言えます。

 

快適なネット環境を手に入れたいのであればクラウドラインを選ぶのはオススメしません。

評判・口コミは?

ここまでクラウドラインの情報をまとめてきましたが、結局のところ1番気になるのは現在クラウドラインを利用している方の声ですよね。

そこで、クラウドラインを利用している方がどんな印象をもっているのか…実際の口コミ・評判を3つまとめてみました。

1つ1つ確認していきましょう。

評判①:速度が遅い

まずは、「速度」に関しての口コミの多さが気になりました。

クラウドラインは、速度が遅いという口コミがかなり見られます。

上記の口コミのように0.3メガしかでないということは…動画を見る時かなりの確率で読み込みが続きます。

 

ただ、このような状況はクラウドラインだけが起きているわけではありません。

1ギガと謳っているのは、最高速度が1ギガということなので…実際はかなり速度が落ちるのは一般的です。

ただ、フレッツ光から『速度を改善させたいから』という理由でクラウドラインに乗り換えようとしている場合は…速度は改善されない可能性が高いためオススメしません。

評判②:不親切

『サービスが不親切』という口コミもかなり多くみられます。

請求に関してのトラブルは2019年に入っても多く・・・かなり不満に思っている方が多いです。

ハッキリ言ってしまうと、ここまで悪く書かれる光回線もいないのでカナリ不安に思うポイントにはなりますよね。

 

お申し込みをする前には必ずこのようなトラブルがないかもチェックする必要があります。

評判③:解約できていない場合がある

最後に、『解約』に関しての口コミです。

  • 解約の電話をしたのに、解約書類がこない
  • 解約書類を送ったのに解約ができないない

といった普通ではあり得ない口コミが見られます。

 

これも解約の電話を対応したスタッフによってなのでクラウドラインそのものに罪はないかと思いますが、スタッフを教育できていないというのも会社の責任としてみられます。

昔に比べて最近では少なくはなってきたみたいですが、まだ口コミが見られるので契約した後解約するときは注意が必要です。

万が一解約することになった場合は、何度もチェックしてトラブルが少ないようにしましょう。

総合評価Cランク★★☆☆☆

クラウドラインは、キャッシュバックや工事費無料、スマホ割等お得なキャンペーンが一切なく…料金も相場並みのためこれと言ってクラウドラインを利用するメリットがありません。

しいてメリットを挙げるとすれば、

  • ウィルス対策『KINGSOFT』が無料

のみ。

メリットがほぼないのにもかかわらず、口コミ・評判からみえるデメリットが大きく…「どうしてもクラウドラインにしたい!」という方でない限りは絶対に他社回線を利用するほうが良いでしょう。

他社光回線と比較

それでは最後に、他社の光回線と比較していきましょう。

フレッツ光と比べると確実に月額料金を下げる事は出来ますが、クラウドラインはフレッツ光と使っている回線は変わらないので、速度を快適化したいと思ってもそこまで大きく変わることはありません。

このパートでは、スマホ割が適用できる人気回線と比べてみるとどう違うのか、どうお得なのかというのをまとめてみました。。

auひかりと比較

auひかり クラウドライン
料金 ホーム:4,900円
マンション:3,800円
ホーム:5,300円
マンション:4,300円
速度 ホーム:1ギガ
マンション:100メガ
ホーム:1ギガ
マンション:100メガ
スマホ割 auスマホ1台につき△1,410円(5ギガの場合) なし
キャッシュバック 52,000円 なし
工事費 実質無料 24,000円
対象 近畿・東海・沖縄以外 全国

※auひかり:ホームは3年目の金額。(1年目5,100円/2年目5,000円)
※クラウドライン:料金は2年目の金額

auユーザーであれば、自信をもってオススメするのが「auひかり」です。

auひかりの月額料金はクラウドラインとさほど変わりませんが、auのスマホ割が適用できることで毎月の通信費を抑えることができます。

更に、auひかりで契約をするとキャッシュバックが最大52,000円貰えるため…貰えないクラウドラインと比べて間違いなくお得なこともわかります。

 

ただ、auひかりの提供エリアはクラウドラインの全国と比べて狭く…【近畿・東海・沖縄】は対応していません。

 

しかし、エリア内であれば間違いなくクラウドラインよりもお得な光回線であるでしょう。

auひかりの評判を見る

NURO光と比較

NURO光 クラウドライン
料金 4,743円 ホーム:5,300円
マンション:4,300円
速度 2ギガ ホーム:1ギガ
マンション:100メガ
スマホ割 ソフトバンクスマホ1台につき△1,000円 なし
キャッシュバック 35,000円の現金 なし
工事費 実質無料 24,000円
対象 関東・関西・東海・九州の一部エリア 全国

※クラウドライン:料金は2年目の金額

Softbankユーザーであれば、自信をもってオススメするのが「NURO光」です。

NURO光は回線速度が2ギガというカナリ速い速度で、速度で選ばれる光回線堂々のNo.1♪
更にキャッシュバックが戸建てでもマンションでも35,000円と高額なのも魅力的です。

ただ、NURO光の提供エリアは限られていて【関東・関西・東海・九州の一部エリア】のみとなっています。

更に、マンションタイプの月額料金と比べると1,000円弱NURO光のほうが高いため「価格で選びたい」という方には向きません。

しかし…Softbankユーザーであれば1台1,000円の割引はありますし相殺が可能です。

「速度で絶対後悔したくない」という方もNURO光を選べば後悔することはありませんので、是非検討してみてください。

NURO光の評判を見る

ドコモ光と比較

ドコモ光 クラウドライン
料金 ホーム:5,200円
マンション:4,000円
ホーム:5,300円
マンション:4,300円
速度 ホーム:1ギガ
マンション:100メガ
ホーム:1ギガ
マンション:100メガ
スマホ割 ドコモスマホ1台につき△1,000円(5ギガ以上) なし
キャッシュバック 最大20,000円の現金 なし
工事費 無料 24,000円
対象 全国 全国

※クラウドライン:料金は2年目の金額

docomoユーザーであれば、間違いなく「ドコモ光」を選んだほうがお得です。

ドコモ光は、クラウドラインと同じNTT系光回線なのでフレッツ光から乗り換えるときは工事費・違約金は一切かかりません。

そして新規でお申し込みする場合も、工事費は無料となります。

キャッシュバックもあるので、間違いなくクラウドラインよりお得に光回線を開通できるのも魅力です。

ドコモ光の評判を見る

まとめ

今回はクラウドラインについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

クラウドラインは、他回線が行っている

  • キャッシュバックキャンペーン
  • 工事費無料キャンペーン
  • スマホ割

を一切行っておらず、お世辞にもお得と言える光回線ではありません。

また、違約金も15,000円と高額…結論を言ってしまえばクラウドラインにこだわりがなければ他回線をご検討したほうが良いです。

お得でメリットの多い光回線がご希望であれば、キャッシュバックやスマホとのセット割引がある光回線を選ぶことをオススメします。

当サイトでは、様々な光回線について触れていますので、ぜひお好みの光回線を探してみてくださいね!

Pocket