BiZiMo光(ビジモ光)は個人ではなく法人向けサービス?評判・口コミが見当たらない…?


この記事では、「BiZiMo光」という光コラボレーションについてまとめています。

この記事の内容を簡単にまとめると…

  • どんな特徴があるのか
  • 料金などのサービス内容
  • 評判・口コミはどうか
  • 他社との徹底比較

この様な内容でまとめています。

BiZiMo光に入ろうか悩んでいる方の、少しでも参考になればいいなと思っています◎

※当サイトではこれ以降、「ビジモ光」と記載させて頂きます。


ビジモ光って?

戸建て マンション
月額料金 5,300円 4,200円
回線速度 1ギガ 100メガ/200メガ
工事費 24,000円
初期費用 3,000円
スマホ割
違約金 15,000円
キャッシュバック
評価
(2.2)

まずは、ビジモ光についてお話していきたいと思います。

「光ギガ」と同じ光通信グループ

ビジモ光を提供している「株式会社アクセル」は、光通信グループの子会社です。NTTフレッツ光の回線を利用して、プロバイダー一体型の光コラボレーションサービスを提供しています。

同じ光通信グループの「Hi-Bit」が提供している「光ギガ」という光コラボレーションサービスは、勧誘方法に不正があって総務省から行政指導を受けたことがあります。

現在は改善されているようですが、悪評が高くて炎上してしまったので、覚えておくと良いでしょう。

キャッシュバックやスマホ割は無し!

ビジモ光では、光回線でよく聞くような「最大◎◎円キャッシュバック!」の様なキャンペーンは行っていません。

更に、大手キャリアのスマホとのセット割引等もありません。目立つ割引サービスなども無いので、元からある月額の料金がそのまま反映されます。

それにプラスして、オプション等を付ければ付けるだけ月額が上がっていく形になります。勧誘された際には必ずオプションを進められると思いますので、安くなるとかお得ですよ!と言われても、あなた自身に不要であればしっかり断る事も必要ですよ!

工事費が高い!

ビジモ光は、キャッシュバックなどのサービスが無い上に「工事費」がかなり高いです。新規契約をされる場合は、24,000円の工事費を支払ってこの回線を利用しなければなりません。

しかも無料になるなどのキャンペーンもありませんので、必ず支払う初期費用の一つになってしまいます。

元々フレッツ光の回線を使っている人からすれば若干安くなるかもしれませんが、新規の方がわざわざこの工事費を出して契約するほどの光コラボなのかと言われると、ちょっと素直にはオススメできません。

総合評価★★☆☆☆
ビジモ光はもともとの月額料金が特別安い!という訳でも無い上に、キャッシュバックや割引サービスなどもありません。

フレッツ光を現在使っている人からすれば若干安くはなるかもしれませんが、光コラボレーションと言えば不要なオプションを付けられてしまったりする場合がありますので、そのあたりはしっかり注意をしておくと良いでしょう。

転用ならまだしも、新規の方が検討する必要があるような「契約するメリット」は無さそうです。

料金は?

では次に、ビジモ光の基本料金についてお話していきたいと思います。

ファミリータイプ マンションタイプ
基本料金 5,300円 4,200円
工事費(新規のみ) 24,000円
事務手数料 3,000円
契約期間 3年
解約金 15,000円

基本料金

ビジモ光の光回線のプランは様々なものがありますが、「回線+プロバイダー」のセットの月額料金は下記の通りになります。

回線のみのプランもありますが、プロバイダーによって値段が変わってきてしまいますので、今回は光コラボレーションのご紹介に特化して、順番に説明していきたいと思います。

戸建てプラン:5,300円~

まずは、戸建てプランの料金はコチラ。

プラン 月額料金 特徴
ファミリー53 5,300円 ウイルス対策
ファミリー5980 5,980円 固定IP
ファミリーBiz5680 5,080円 バックアップ
ファミリーRD 5,980円 バックアップ
ランサムウェア対策
ミニパック 3,980~5,680円 2段階料金設定

マンション:4,200円~

続いてマンションタイプの料金はコチラです。

プラン 月額料金 特徴
マンション42 4,200円 ウイルス対策
マンション4980 4,980円 固定IP
マンションBiz4580 4,580円 バックアップ
マンションRD 4,980円 バックアップ
ランサムウェア対策

なにやらプラン名の横に「42」とか「4980」のような数字がついてますが、これは月額料金を表しているだけです(笑)

戸建のみですが、「ミニパック」という2段階料金制のプランがあります。これはネットを使った分だけ上記の範囲内で料金が高くなっていくものですが、動画やゲーム等で頻繁にネットを使われる方であれば通常の定額プランを選ぶ方が断然お得です。

ちなみに一番安いプランとミニパックではウイルス対策がありませんが、それ以外のプランでは「KINGSOFT」というウイルス対策ソフトの有料版がついています。

しかし、KINGSOFTには無料版もあり、有料版とまったく同じ機能が使えます。唯一の違いは有料版では広告表示が消せることのみなんだとか…。

ウィルスソフトが必要なければ通常のプランを契約する方が安くなりますので覚えておきましょう。

工事費:24,000円

ビジモ光は、新規の方の工事費がかなり高いです。工事費はなんと24,000円。割引サービスや工事費無料キャンペーンなども無いので、必ず全額支払うという形になります。

ちなみに、支払いは一括払いか分割払いから選ぶ事が出来ますが、分割払いになると下記のような形になります。

こちらは戸建てのパターンですが、分割払いにした場合は初月だけ2,400円を支払い、意向600円を36回払いで支払うという形になります。

ビジモ光は基本的に3年契約しかないので、3年未満で解約すると違約金もかかってきてしまいますし、残りの工事費も一緒に支払う事になりますのでそこはご注意を!

初期費用:3,000円

ビジモ光は、初期費用として3,000円の事務手数料がかかります。これは、新規・転用ともに変わりません。

違約金:15,000円

ビジモ光では、基本的に光回線の契約期間は「3年」になっています。3年未満で解約をしてしまうと、どのプランを選択していたとしても15,000円の違約金がかかってきてしまいます。

違約金はどの光回線も基本的には1万円いかないくらいが多いので、ビジモ光の違約金は若干高めの設定になっていますね。

もし近年で引っ越しをされる可能性がある方には、ビジモ光はあまりオススメしません。

キャッシュバック・割引サービスなし

ビジモ光では、目立つキャッシュバックキャンペーン等は行っていません。

キャッシュバックは会社によっても様々なのですが、最大50,000円近くキャッシュバックしてくれる所もあるので、エリアが対応しているならば、そちらの方を選ばれる方が断然お得かもしれないですね◎

参考までに、他社のキャッシュバックを簡単にまとめてみました。

キャッシュバック金額 契約年数
auひかり 50,000円 3年
NURO光 35,000円 2年
ソフトバンク光 35,000円 2年

この様に、他社の光回線ではかなり高額なキャッシュバックキャンペーンを行っています。しかも大手キャリアのスマホ割引なども合わせて入ってきますので、月額料金をかなり抑える事が出来ちゃいますよ◎

更に、スマホとのセット割があるともっとお得に光回線を使う事も出来ますので、こういったところも合わせて検討してみると良いかもしれませんね!

オプションサービス

オプションサービスは全部で10種類ありますが、そのうちの3つは法人向けオプションサービスとなっています。

まずは、個人向けのサービスからご紹介していきたいと思います。

個人向けオプション

BiZiMo光電話 500円~
BiZiMo光リモートサポート 500円
BiZiMo光テレビ 750円
BiZiMo光無線LAN 300円
24時間出張修理オプション 2,000円(3,000円)
遠隔サポート 600円
機器補償パック 980円

こちらの7種類が個人向けオプションです。

24時間出張修理オプションは、ホームタイプの方は3,000円、マンションタイプの方が2,000円になっています。

法人向けオプション

続いて、法人向けオプションもご紹介していきます。

らくらくバックアップ 980円
BiZiMo Wi-Fiルーター 1,480円~
オフィスかけつけ訪問サービス 1,000円~

こちらが法人向けサービスなのですが…こちらのWi-Fiルーター、「IPv6+」に対応しているルーターなんです。

こちらは、光回線が混雑していても快適にネットの速さを保てるという機器なのですが…なんと法人向けのみのサービスになっているんです。

個人向けにはオプションにすらないので、こちらのIPv6+は使えないというのが残念ですよね…。

ですが、たとえ使えたとしても1,480円の月額を払うのはちょっと高すぎる気がします。他社の人気な光回線では、そもそもこちらの機能が月額に含まれている場合がほとんどですし、もしくは+300円程で機器を借りられる…というようなサービスも行っています。

ビジモ光の速度に関しては、あまり期待できないかもしれませんね…!

申し込み窓口:電話から

ビジモ光を契約するには、ビジモサポートセンターに電話をして行います。

BiZiMoサポートセンター

0570-000-319

10:00~18:00(年末年始を除く)

こちらのサポートセンターは携帯電話からでも掛けられますが、通話料金がかかってしまいますのでご注意を。

解約手続きは?

解約手続きにおいても、サポートセンターに電話をかけて行います。

BiZiMoサポートセンター

0570-000-319

10:00~18:00(年末年始を除く)

ビジモ光は基本的に3年契約なので、解約する際にはしっかりと違約金がかからない様に、解約できる月を把握してから電話をする様にしましょう。

また、光回線のみならず、オプションサービスなどの違約金もかかってきてしまう可能性がありますので、そのあたりもしっかりと解約前に確認をしておきましょう。

速さは?

続いて、ビジモ光のインターネットの速さについてです。

1ギガ

ビジモ光は光コラボレーションなので、基本的に回線はフレッツ光を使っています。その為、フレッツ光の最大速度の1ギガを使える事になりますが…

ビジモ光では、インターネットの速度を安定させる為の「IPv6」システムを導入しているのが、法人向けサービスのみとなっています。

つまり、個人向けサービスにおいてはこちらの最新接続方法は搭載されていない様子です…。

こうなってくると、インターネットの速度に関しては、あなたが今お住まいのエリアの混雑状況に大幅に左右されてしまう可能性があります。

【!】IPv6は法人向けサービスのみ

先ほどもお話したIPv6サービスですが、ビジモ光では個人ユーザー向けにはこちらのサービスは提供をしていません。

なので、速度に関してはフレッツ光の1ギガとうたっているものの、お住まいのエリアが混雑していたり、マンションタイプだった場合には、かなり遅くなってしまう可能性があります。

ここ最近では、人気の光回線ではこのIPv6サービスはほぼ搭載されていますし、月額もかからない所が多いので、そういった回線を探してみるのも一つの手かなと思いますよ◎

評判・口コミは?

次に、ビジモ光を実際に使っている人の評判・口コミ等をチェックするべく口コミ調査をしたのですが…口コミという口コミがほぼありませんでした。

評判①勧誘がしつこい…

唯一ツイッターで見つけた口コミがコチラ。

お父様がビジモ光の電話勧誘に合ってしまったらしく、あまりにもしつこくて契約してしまったそうです…。

光コラボレーションは基本的にフレッツ光の回線を使っているので、こういった、NTTの名前を出してご家族や高齢者の方を狙った電話勧誘等が相次いでいる様子です。

通信料が倍になってしまったという事は、もともとのネットの月額にプラスして、無駄なオプション等に入らされてしまった可能性がありますね…。

評判②そもそも口コミが全くない!

ビジモ光の口コミ・評判をSNS等を含め探していたんですが、ほぼ見つかりませんでした。

ヤフー知恵袋でも検索してみたのですが…検索結果は下記の通り。

なんと、検索結果は2件。しかもそのうち1件はフレッツ光の方の質問。

下の、「ビジモ光にしないかというお誘い…」も、勧誘されたのがどうしたらいいでしょうか?という内容だけでした。

実際に使っているユーザーの口コミ等がほぼ無いという事は、知名度も低く人気ではない…という事がうかがえますよね…。

こういった所も参考にしていただければと思います。

総合評価Cランク ★★☆☆☆

ビジモ光は、個人向けサービスというよりも、法人向けサービスに力を入れているような感じが見受けられます。ビジモ光は月額料金ももともと高いですし、ユーザーの口コミ等も殆どありません。

速度に関して言えば最新接続方法のIPv6を搭載しているのも法人向けサービスのみなので、個人のユーザーがビジモ光に新しく契約するメリットというのは、あまり無い様に思えます。

ビジモ光を契約するのであれば、今のあなた自身にピッタリ合った条件の光回線を探す方がお得に使える事マチガイナシですよ◎

最後に、他社光回線と比べていきますので、そちらも是非参考にしてみてくださいね!!

他社光回線と比較

では最後に、ビジモ光と他社光回線との比較を行っていきましょう。光回線を契約する際は、しっかり他社の回線と条件を比べてみる事がお得への近道になりますよ◎

フレッツ光と比較

まずは、フレッツ光と比較していきたいと思います。

ホームタイプ マンションタイプ
ビジモ光 5,300円 4,200円
フレッツ光 4,700円+プロバイダ代 3,050円+プロバイダ代

こう見てみると、プロバイダー代を足したとしても、ビジモ光とフレッツ光で差がない事がわかります。むしろ、プロバイダー代が安い所を契約していた場合、オッジオ光の方が割高になってしまう可能性もあります。

こうなってくると、特にフレッツ光からビジモ光に変えるメリットというのは無い様に思えます。

何かキャッシュバックや、お得なサービスがあるのであれば別ですが、そういったところも何もありません。

現在フレッツ光を使われていて他の回線に乗り換えたいのであれば、ビジモ光ではなく、ほかの光回線の方がお得に使えるかもしれません。

NURO光と比較

次に「光回線の中で速度が一番早い!」と言われているNURO光と比較していきましょう。まず初めに利用料金から。

ホームタイプ マンションタイプ
ビジモ光 5,300円 4,200円
NURO光 4,743円

NURO光は、ホームタイプもマンションタイプも統一して4,743円になります。ビジモ光と比べてみると、ホームならば安いですが、マンションだと若干割高ですがそれでも500円程度の差です。

では、気になる速度の比較をしていきましょう。ココが一番びっくりされると思います。

ホームタイプ マンションタイプ
ビジモ光 1ギガ 100M
NURO光 2ギガ

なんと、NURO光はホーム・マンション問わず2ギガの速度を出す事が出来ます。これは本当に爆速といっても過言ではないレベルです。(笑)

NURO光の強みはこの「速さ」にあります。ビジモ光には無かったIPv6システムももちろん搭載しているので「速さ」に対しての不満も、NURO光なら解決してくれる事間違いナシです◎

マンションタイプの料金だけ見るともモバイルクン光の方が安く見えますが、マンションでもインターネット速度2ギガという爆速を出してくれるので、そこを取るか料金を取るか…といった所でしょうか。

ただ、NURO光は契約対応エリアが限られてきます。フレッツ光は全国かなり広い範囲で契約が出来ますが、NURO光の対応エリアは下記の通り。

東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城
愛知・岐阜・静岡・三重
大阪・京都・滋賀・奈良・兵庫
福岡・佐賀

このエリア内にお住まいの方でしたら、NURO光の方が断然快適にインターネットを使う事が出来ますよ◎

口コミでも見かけた「速度が遅い!」という不満を解消してくれるので、是非検討してみてくださいね!

NURO光 ★★★★★
  • ビジモ光よりも35,000円お得
  • ビジモ光よりも口コミが良く速度が最も早い

速度が早い事で、関東を中心に広がってきているNURO光。速度が遅いという口コミはほぼゼロといって良いほど、速度に関しては自信をもって提供している光回線で、更にキャッシュバックも高額でお得です。

工事料金は実質無料というキャンペーンを行っているので、無料で乗り換える事ができます。

デメリットとしては、人気回線なので工事から開通まで若干時間を要する…といった事もチラホラあるようです。ですが、光回線はずっと使い続けるものですし、快適に使い続けられる内容にもなっています。

更に、ソフトバンクのスマホユーザーは毎月の料金から1000円割引で使い続ける事が出来ますので、ソフトバンクユーザーさんは得に必見です!

NURO光の評判を見る

まとめ

ビジモ光を契約する際の「デメリット」はコチラ。

  • 月額料金が高い
  • 工事費が高い
  • 3年未満の違約金が高い
  • スマホ割が無い
  • 口コミ・評判がほぼ無い
  • IPv6が使えないので速度が遅い

ビジモ光は、一番下のプランであればフレッツ光よりは安くなる可能性がありますが、新規で契約するにはあまりにもデメリットが多すぎます。

転用ならまだしも、新規で光回線を検討している様であれば、ビジモ光ではなくほかの光回線を探すべきでしょう。

当サイトではほかの光回線についても沢山ご紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね!


Pocket

評価概要
評価日
商材
BiZiMo光
評価
21star1stargraygraygray