モバイルクン光の評判・口コミは?実際に使ってる人からの不評が絶えず…!?

この記事では、「モバイルクン光」という光コラボレーションについてまとめています。

この記事の内容を簡単にまとめると…

  • どんな特徴があるのか
  • 料金などのサービス内容
  • 口コミ・評判はどうか
  • 他社との徹底比較

この様な内容でまとめています。

モバイルクン光に入ろうか悩んでいる方の、少しでも参考になればいいなと思っています◎

モバイルクン光って?

戸建て マンション
月額料金 5,200円 4,000円
回線速度 1ギガ 100メガ/200メガ
工事費 15,800円~18,800円
初期費用 3,000円
スマホ割
違約金 15,000円
キャッシュバック
評価
(2.9)

まずは、モバイルクン光についてお話していきたいと思います。

格安SIMも販売している会社

モバイルクン光は、SORAシム(株)が運営している光コラボレーションです。

光コラボレーションはフレッツ光の回線を使っていますので、回線自体の通信速度は一応最大1ギガという事になります。

運営会社のSORAシム(株)は、東京都千代田区に本社を置き、2004年3月に設立された会社で、モバイルクン光の他にドコモのモバイル回線を使った格安スマホ「@モバイルくん。」も運営している会社です。

勧誘がしつこいと悪評が…

モバイルクン光は光コラボレーション。NTTフレッツ光の回線を利用したサービスなので、NTTのフリをして悪質な勧誘をしたりしていると、ネットでも噂が広まっています。

勧誘・営業の方法としては、主に訪問販売や勧誘電話によって集客しているようです。

この記事でもリアルな口コミをまとめていますので、是非そちらも合わせてチェックしていただきたいのですが…悪質な勧誘がしつこいのはマイナスイメージになってしまうので、それを聴くとあまり評判は良くない様子です…。

スマホとのセット割が無い!

モバイルクン光では、スマホとのセット割引がありません。

モバイルクン光のオフィシャルサイトには「スマホセット」というタグがありますが、これが実は落とし穴!!

実はこれは、「@モバイルくん。」という格安SIMとのセット販売をオススメしているだけで、セット割引という訳では無いのです。

他社でよく見る「大手キャリアとのスマホセット割」の様な割引サービスはモバイルクン光には無いので、ご注意くださいね!

総合評価★★☆☆☆
モバイルクン光は光コラボレーションの一つで、フレッツ光を使っている人に「プロバイダーとセットにすると料金が安くなりますよ~」と営業をかけています。

ただ、プロバイダーとセットだと若干安くなるとはいうものの、安くなった後の基本料金自体がそこまで安いわけではないのです。

しかも、スマホとのセット割なども無くその他のキャッシュバックや割引サービスもありません。こうなってくると、契約するメリットというのがなかなか見当たらない感じになってしまいます…。

他社光回線と一度見比べてみる必要がありそうです。

料金は?

では次に、モバイルクン光の料金についてまとめていきましょう。

ファミリータイプ マンションタイプ
基本料金 5,200円 4,000円
工事費(新規のみ) 15,800円~18,800円
事務手数料 3,000円
契約期間 2年
解約金 15,000円

基本料金:4,000円~

まず、モバイルクン光の基本月額料金を見てみましょう。

モバイルクン光では、下記の三つのプランがあります。

  • 回線+プロバイダー(定額)光コラボレーション
  • 回線+プロバイダー(従量課金制)
  • 回線のみ

この三つのプランがあるのですが、今回は光コラボレーションのモバイルクン光がメインなので、一番上の一般的な光コラボレーションの月額をご紹介していきます。

ホームタイプ マンションタイプ 契約年数
月額料金(おとく割) 5,200円 4,000円 2年
月額料金(通常) 6,000円 5,200円

モバイルクン光の光コラボレーションのプランには2種類あって、「おとく割」と「縛り無し」のプランがあります。プロバイダーとのセット料金はそれぞれ上記表の通りです。

「おとく割」は2年縛りをする代わりに料金を安くしますよ~という契約プランです。ただし、2年以内に解約をしてしまうと違約金がかかってくるシステムになっています。

下の通常の料金は契約期間の縛りがありませんが、月額料金がその分かなり高く設定されています…。こちらは全然実用的な値段ではないですね。

ちなみに、モバイルクン光のプランだと、どちらもこれ以上月額の値段が下がる事がないので、特にお得!という訳でもないよという事は頭に入れておきましょう。

工事費:15,800円~

工事費に関しては、下記の通りです。

ホームタイプ マンションタイプ
工事費 18,800円 15,800円

こちらの工事費は、一括ではなく分割払いでの支払いになり、どちらも30回の分割払いになります。

つまり、2年契約で契約をして2年ピッタリで解約をする事になった場合は、残りの6回分もまとめて解約する際に支払うという形になりますのでここも覚えておくと良いでしょう。

初期費用:3,000円

モバイルクン光では、新規・転用ともに事務手数料として3,000円かかります。

これは、工事費と同時に支払うといった感じです。

更にオプションなどでテレビや格安SIM等を購入するとなるとそこも初期費用として掛かってきますが、回線工事のみで言うならば3,000円で済みます。

違約金:15,000円

モバイルクン光では「おとく割」という2年縛りのプランがあるのですが…そのプランを契約した際に、最低契約年数の2年以内に解約をする事になってしまうと、こちらの15,000円の違約金がかかってきてしまいます。

違約金は会社によって様々ですが、15,000円はかなり高額です。引っ越しなどが多い方や、もともとフレッツ光を契約していない人で「試してみたい!」と思っている方等は、こちらの2年縛りのプランはやめておいた方が無難でしょう。

契約してみたら不具合や使いづらさ等を見つけてしまって、解約したいんだけど違約金がかかってしまう…何てことになってしまったら元も子もないので、契約する前にしっかり違約金や契約情報はまとめておきましょう!

キャッシュバックは無し

モバイルクン光では、大々的なキャッシュバックキャンペーン等を行っていません。

キャッシュバックは会社によっても様々なのですが、最大50,000円近くキャッシュバックしてくれる所もあるので、エリアが対応しているならば、そちらの方を選ばれる方が断然お得かもしれないですね◎

参考までに、他社のキャッシュバックを簡単にまとめてみました。

キャッシュバック金額 契約年数
auひかり 50,000円 3年
NURO光 35,000円 2年
ソフトバンク光 35,000円 2年

この様に、他社の光回線ではかなり高額なキャッシュバックキャンペーンを行っています。しかも大手キャリアのスマホ割引なども合わせて入ってきますので、月額料金をかなり抑える事が出来ちゃいますよ◎

こういったところも合わせて検討してみると良いかもしれませんね!

割引サービス「おとく割」

モバイルクン光で唯一ある割引サービスがこちらの「おとく割」です。

これは、「2年契約をしてくれるなら料金を下げますよ~」というプラン。

ホームタイプ マンションタイプ 契約年数
月額料金(おとく割) 5,200円 4,000円 2年
月額料金(通常) 6,000円 5,200円

この様に、おとく割を契約すると800円ずつ月額料金が下がります。

ただし、このおとく割、他社と比べてみてもさほど安くは無いんです。ちょっと月額料金を比べてみましょう。

ホームタイプ マンションタイプ
モバイルクン光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,800円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円

この様に、他社と比べてもまったく同じか平均程度の料金となっています。

更に、モバイルクン光ではスマホとのセット割がありません。表の下の3社は大手キャリアのスマホとのセット割が入るので、上記価格よりさらに月額料金を下げる事ができちゃうんです。

こうなってくると、ちょっとモバイルクン光を契約するメリットがあまり浮かばなくなってきてしまいますね…。

オプションサービス

モバイルクン光で使えるオプションサービスはコチラ!

セキュリティ(マカフィー) 400円
セキュリティ(WEBOOT) 400円
端末補償サービス 400円
リモートサポートサービス 500円
ひかりdeテレビ(フレッツテレビ) 750円
HGWレンタル 450円
メールアドレス 300円

こちらはどれも好みで追加するオプションなので、契約の際にどれか一つ必ず入らなければならない、という事はありませんので安心してくださいね!

特に突出して良いなと思うオプションはあまりないので、無理して入る事も無さそうです。

申し込み窓口:HPか電話から

モバイルクン光では、オフィシャルHPもしくは電話にて行う事が出来ます。

HPから

オフィシャルHPから申し込む場合は、こちらのページから行う事が出来ます。

このような画面が出てきますので、光コラボレーションのみを契約したい場合は左側、格安SIMとセットで申し込みを行いたい場合は右側を選択します。

ただ、@モバイルくん。を一緒に契約したからといって割引がある訳では無いので、特にお得なサービスというわけではありません。

そこを理解した上で格安SIMを使いたい!という方は右側から申し込むと良いでしょう◎

電話から

電話から申し込む場合は、コチラ!

カスタマーサポートセンター

0120-400313

10:00~18:00(年末年始を除く)

こちらに電話をかけると、申し込み手続きの案内を受ける事が出来ます。

対応エリアの確認や、現在の環境等で不安がある場合は、こちらに電話をかけてから契約を行うと良いでしょう。

解約手続きは?

解約手続きは、電話窓口(カスタマーサポートセンター)から行います。

カスタマーサポートセンター

0120-400313

10:00~18:00(年末年始を除く)

解約を行う際は、違約金がかかる期間をきちんと避けられているか確認してから行うようにしましょう◎

速さは?

次に、モバイルクン光の回線の速さについてお話していきたいと思います。

1ギガ

モバイルクン光は光コラボレーションなので、回線は「フレッツ光」を使用して提供しているサービスです。

その為、フレッツ光の最大速度の1ギガの速さでインターネットを使う事が出来ます。

ただ、プロバイダーとの相性、エリアの混雑状況等によって速度も変わってきてしまうので、1ギガ確実に出るという保証はありません。

こればっかりは、実際に契約をして使ってみないとわからない所がありますので、1ギガと言いつつ速度が出なければ回線を変える必要がある、といった事は頭に入れておきましょう。

評判・口コミは?

次に、モバイルクン光の評判・口コミについてお話していきたいと思います。実際に使っているユーザーはどのような感想を持っているのでしょうか?

評判①速度が遅い…

まずは、速度に関する口コミです。実際に使っている方の速度はどんな感じでしょうか?

まずはこの方。ご実家の回線がモバイルクン光に契約変更されていた様ですね。もともとはフレッツ光を使っていて、家族がまったくわからず営業されて契約した…といった所でしょうか。

ゲームすらできない…というのはちょっと厳しいですね…。インターネットは使用者によって求められる速度がいろいろ変わってきますが、ゲームをしたいのであれば、最低でも100~200メガくらいは出てほしい所。

ゲームが出来ないとなると、動画サイトなども快適に見る事は難しいかもしれませんね…。

こちらの方も、速度についてはかなりご不満の様子…。動画の再生が遅いという事はかなりスピードが出ていない、という事になりますね…。

苦情の電話をしたとしても、回線とプロバイダーを変更しないと状況は変わらない事が多いんですよね。

こればかりは実際に使ってみての速度をチェックしないと何とも言えませんが、光コラボであればフレッツ光なので、別の回線を引きなおすか、プロバイダーを変えるか、といった対処方になります。

ただ、光コラボだとプロバイダーとセットでの契約になるので、プロバイダーだけを変える…という事は出来ませんのでそこだけは注意です。

インターネットを使う際は「下り」の速度が重要になってきます。サイトで動画を再生する時やゲームをする際には、この下り速度が早ければ早い程、快適に使用する事が出来ます。

コチラの方はなんと0.07メガ。1メガも出ていない状況。これでは、通常のサイトですら見る事が快適にできない速度になってしまいます。

こうなってしまうともう解約して別の回線を探す方が良いでしょうね…。

コチラの方も書いていますが、他社に乗り換える際に違約金を負担してくれる所や、キャッシュバック額がかなり大きい所を選ぶ様にすると、実際かかる違約金をチャラにする事も可能です。

ずーっと我慢して同じ回線を使うより、思い切ってそういった所で回線をチェンジしてみるのもアリだと思いますよ◎

評判②営業がしつこい!?

次は、モバイルクン光の営業についての不評。かなり沢山の不評を見かけましたので、相当悪質な感じなのでしょうか…。では実際の口コミを見てみましょう。

こちらの方は、申し込み用紙に記入したけど、実際に契約に至る前に辞めたパターンですね。

私たちユーザーからしたら色々な回線の会社と比べて選んで契約する権利があります。もちろんそれは全然普通の事なんですけど…それに対してクレームを入れてきている様ですね。

こういった所から、信頼度がかなり低いと感じますね…。

これは実際に訪問で営業にこられた方のチラシですね。

このチラシに書いてある様に、NTTの名前を出して安心させ、今より安くなりますよ~という事を営業される見たいですね。

たしかにフレッツ光+プロバイダーと比べると料金自体は若干安くなるかもしれませんが、キャッシュバックや割引サービスなども無いので、特に契約するメリットがあまりありません。

ご家族の方や高齢の方が一緒に住んでいる際には、こういった営業にすぐ乗っかってしまう事が無いように、注意喚起をしておくと良いでしょう。

こちらの方も訪問。やはりモバイルクン光は訪問販売がかなり多い様子ですね。

やはり、フレッツ光を使っている人へ訪問販売で営業をかけていますね。変なオプション等を無理やり入れる、という事は無さそうですが、やはりこちらの方の様に、説明だけ聴くとお得に感じるという状況を作ってきますの。

話を聴くと、NTTの名前を出してきて安くなるからといって、安心しきってすぐに契約しない様にした方が絶対に安全ですよ!

 

…という訳で、口コミは以上です。口コミという口コミ自体もそこまで数が多いわけではなかったのですが、そんな中でも良い口コミがありませんでした。

こうなってしまうと、契約するのもちょっと踏みとどまってみた方がよさそうですね…。

総合評価Cランク ★★☆☆☆

モバイルクン光は、大々的なキャッシュバックキャンペーンや割引サービスも無く、長く使ったからといって割引が入る訳でもありません。

また、大手キャリアとのスマホ割もありませんし、HPに書いてある格安SIMとセットで申し込んだからといって安くなるわけでもありません。

こういった所から、あまりメリットというメリットを感じる事は出来ませんでした。

それでも契約したいと思われる方がいるならば、是非他社との条件比較を行ってみてください。きっともっと良い条件の光回線があるはずです!

他社光回線と比較

では最後に、他社の光回線との比較を行っていきましょう。

フレッツ光と比較

まずは、フレッツ光と比較していきたいと思います。

ホームタイプ マンションタイプ
モバイルクン光 5,200円 4,000円
フレッツ光 4,700円+プロバイダ代 3,050円+プロバイダ代

こう見てみると、プロバイダー代を足したとしても、モバイルクン光とフレッツ光で差がない事がわかります。

こうなってくると、特にモバイルクン光に変えるメリットというのは無い様に思えます。

何かキャッシュバックや、お得なサービスがあるのであれば別ですが、そういったところも何もありません。

フレッツ光を現在使われていて他の回線に乗り換えたいのであれば、モバイルクン光ではなく、ほかの光回線の方がお得に使えるかもしれません。

NURO光と比較

次に「光回線の中で速度が一番早い!」と言われているNURO光と比較していきましょう。まず初めに利用料金から。

ホームタイプ マンションタイプ
モバイルクン光 5,200円 4,000円
NURO光 4,743円

NURO光は、ホームタイプもマンションタイプも統一して4,743円になります。モバイルクン光と比べてみると、ホームならば安いですが、マンションだと若干割高になっています。

では、気になる速度の比較をしていきましょう。ココが一番びっくりされると思います。

ホームタイプ マンションタイプ
モバイルクン光 1ギガ 100M
NURO光 2ギガ

なんと、NURO光はホーム・マンション問わず2ギガの速度を出す事が出来ます。これは本当に爆速といっても過言ではないレベルです。(笑)

NURO光の強みはこの「速さ」にあります。モバイルクン光ユーザーの口コミで多数言われていた「速さ」に対しての不満も、NURO光なら解決してくれる事間違いナシです◎

マンションタイプの料金だけ見るともモバイルクン光の方が安く見えますが、マンションでもインターネット速度2ギガという爆速を出してくれるので、そこを取るか料金を取るか…といった所でしょうか。

ただ、NURO光は契約対応エリアが限られてきます。フレッツ光は全国かなり広い範囲で契約が出来ますが、NURO光の対応エリアは下記の通り。

東京・神奈川・埼玉・千葉・群馬・栃木・茨城
愛知・岐阜・静岡・三重
大阪・京都・滋賀・奈良・兵庫
福岡・佐賀

このエリア内にお住まいの方でしたら、NURO光の方が断然快適にインターネットを使う事が出来ますよ◎

口コミでも見かけた「速度が遅い!」という不満を解消してくれるので、是非検討してみてくださいね!

NURO光 ★★★★★
  • モバイルクン光よりも35,000円お得
  • モバイルクン光よりも口コミが良く速度が最も早い

速度が早い事で、関東を中心に広がってきているNURO光。速度が遅いという口コミはほぼゼロといって良いほど、速度に関しては自信をもって提供している光回線で、更にキャッシュバックも高額でお得です。

工事料金は実質無料というキャンペーンを行っているので、無料で乗り換える事ができます。

デメリットとしては、人気回線なので工事から開通まで若干時間を要する…といった事もチラホラあるようです。ですが、光回線はずっと使い続けるものですし、快適に使い続けられる内容にもなっています。

更に、ソフトバンクのスマホユーザーは毎月の料金から1000円割引で使い続ける事が出来ますので、ソフトバンクユーザーさんは得に必見です!

NURO光の評判を見る

まとめ

モバイルクン光のデメリットはコチラ。

  • 基本料金が高め
  • キャッシュバックが無い
  • スマホとのセット割が無い
  • 違約金が高い
  • 良い口コミがほとんど無い

こういった所でしょうか。知名度としてもあまり無く、口コミ・評判自体もかなり少ない中での不評が多かった…という所はかなりのデメリットになるのではないでしょうか。

確かにフレッツ光と比べると料金は安くなるかもしれませんが、それならばもっと条件が良い光回線を探した方が断然お得です!!

営業が来て、申し込みをしようか悩まれている方は、一度思い留まってもう一回じっくり考えてみてくださいね!

Pocket

評価概要
評価日
商材
モバイルクン光
評価
31star1star1stargraygray