マンションでインターネットを引くなら!おすすめの光回線ランキングTOP6

「マンションでインターネットを使いたい!」と光回線を探しだす前に、一つ注意しなくてはいけないことがあります。それは、

光回線には「戸建てタイプ」と「マンションタイプ」で内容が違う

ということ。

一般的には戸建てタイプを中心にオススメされていることが多いので、例えば知り合いに「〇〇光がいいよ!」なんておすすめされても、その人が戸建てだった場合には、その光回線はマンションではあまりオススメできないなんてパターンもあります。

また、色んなサイトで紹介されている光回線ランキングも戸建てがメインだったりするので、マンションタイプだけでみたらランキングは大きく変わります。

 

というわけで今回は、光回線をマンションタイプに特化させてランキングを作成しました。

それ以外にもマンションタイプを選ぶ上で注意したいポイントも合わせて紹介していきますので、これから光回線に申し込もうとしているあなたは是非参考にしていただければと思います。

マンションでインターネットを引くポイント

まずはランキングを見る前に、マンションでインターネットを引く時に役立つ3つのポイントからおさらいしていきたいと思います。

こちらを知っておくことで他社との比較もしやすくなりますし、理解度も高まるため失敗しにくくなりますので、是非チェックしてみてください。

まずは設備が導入されているかをチェック

あなたのマンションに”入りたい光回線の設備”がないとそもそも申し込むことが出来ないので、入りたい光回線を選んだらまずはその光回線が申し込み可能かをチェックする必要があります。

ちなみにNTT系の光回線はどのマンションでもほぼ設備があるので、まず申し込めると思っていいでしょう。

  • NTT系光回線
    フレッツ光・ドコモ光・ソフトバンク光・ぷらら光など

その他の光回線については、申し込む前に設備があるかをチェックする必要があります。

  • NTT以外の光回線
    auひかり・NURO光など

エリアをチェックするにはまず申し込んでしまうのが手っ取り早いです。

ランキングを見て気になる光回線があったらまずは申し込み。後日確認の電話が入り、そこで加入できるかの可否を伝えられます。

光回線を選ぶ6つのポイント

多くの人は光回線を「安さ」で選びますが、ネット料金以外にもしっかりとチェックしたい以下6つのポイントがあります。

ネット基本料金 月々の支払いのベースとなる料金。マンションの相場は3,800円。ほとんどがプロバイダ料込みになっています。
工事費 工事費が分割でかかる場合があります。無料キャンペーンを行っている光回線も多いのでそちらを選ぶようにしましょう。
オプション 光電話・無線LAN・セキュリティなどのオプションを付ける場合は追加料金がかかります。中には無料キャンペーンをしているところも
スマホ割 スマホがセットで割引される。割引額は数千円と大きくなることがあるのでスマホがある場合は必ずセットにしましょう。
キャッシュバック 申し込むと貰えるキャッシュバック。一般的には現金で、数万円が振り込まれるお得なところもあります。
契約期間 光回線は契約期間があり「更新月以外で解約すると違約金がかかる」という縛りがあるところがあります。

以下で紹介するランキングではこの6つのポイントを比較して総合でオススメできるところを評価をしていますが、

  1. スマホがセットで割引になるところがいい
  2. オプションをたくさんつけたいから無料のところを選びたい
  3. いつ引っ越すから分からないから契約期間がないところがいい

などなど、あなたの要望によってオススメできるものが変わってきますので、是非この6つのポイントも参考に、あなたにとって1番の光回線を選びましょう。

速度はほぼ同じ

マンションでは共有部からそれぞれの部屋にLANケーブルで振り分けている仕組みになっています。

マンションまでは光ケーブルの速い速度でくるのですが、あなたの部屋まで通っているLANケーブルによって速度が変わることがあります。

LANケーブルのタイプは大きく2つ。VDSLか光ファイバーです。

  • VDSL:100メガ
  • 光ファイバー:1ギガ(1000メガ)

あなたのマンションに通っているLANケーブルがVDSLだった場合には、光回線でも100メガの速度となります。

ただし、どの光回線に加入してもマンション内のLANケーブルは同じものを使うので、マンションに関してはどの光回線にしても速度はそこまで変わりません。

(NURO光のみ個別で光ケーブルを引き込めます)

IPv6について

マンションは各部屋に振り分ける方式なので、以前までは「住民みんながネットを使うと混み合って繋がりづらくなったり遅くなる」ということがありました。

しかし現在では”IPv6”という接続方法がでました。

光回線にIPv6が対応していると利用者が多くても混雑しずらくなるため、マンションだろうと速度が落ちることがありません。

そして主流の光回線はほとんどがIPv6対応になっているため、速度に関してはどれを選んでも変わらないと思っていて問題ありません。

おすすめランキング

auひかり NURO光 ドコモ光 ソフトバンク光 ビッグローブ光 ぷらら光
料金 3,800円 4,743円 4,000円 3,800円 3,980円 3,600円
工事費 無料 無料 無料 乗換時無料 無料 15,000円
契約期間 なし 2年 2年 2年 3年 なし
スマホ au SB ドコモ SB au
CB 47,000円 35,000円 30,000円 33,000円 25,000円 35,000円

それでは早速、マンションでオススメの光回線6社を総評してランキングで紹介していきます。

純粋にオススメできる順に並べていますが、スマホ割などを合わせればオススメできるものも変わるので、合わせてご覧になってみてください。

また、迷わないようにランキング以下には簡単に選び方のおさらいもしていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

1位:auひかり

スマホ割au

料金 3,800
キャッシュバック 47,000
提供歴も長く口コミも良い信頼の光回線。スマホがau以外の人にもオススメ

お申込みはこちら詳細はこちら

2位:NURO光

スマホ割Softbank

料金 4,743
キャッシュバック 35,000
料金は上がるがマンションでも2ギガの速度で使える!

お申込みはこちら詳細はこちら

3位:ドコモ光

スマホ割docomo

料金 4,000
キャッシュバック 15,500円分
ドコモのスマホが割引になる唯一の光回線。

お申込みはこちら詳細はこちら

4位:ソフトバンク光

スマホ割Softbank

料金 3,800
キャッシュバック 33,000
ソフトバンクスマホが割り引かれる。

お申込みはこちら詳細はこちら

5位:ビッグローブ光

スマホ割au

料金 3,980
キャッシュバック 25,000
auスマホ割対応!auユーザーはauひかりの次に安い。

お申込みはこちら詳細はこちら

6位:ぷらら光

料金 3,600
キャッシュバック 35,000
料金は安いが工事費がかかる

お申込みはこちら詳細はこちら

選ぶポイント1、安く持つならスマホとセット

光回線の料金は3,800円前後でほとんど横並びですが、その中でグンと料金を下げることができる方法があります。それはスマホとセットにすることです。

例えばauの場合、auひかりの料金は3,800円ですがauスマホから毎月1,000円の割引が入るので、割引を合わせると実質2,800円。あなたにとって一番安い光回線となります。

スマホがある場合には是非セットでまとめましょう。

au auひかり
ビッグローブ光
ドコモ ドコモ光
ソフトバンク NURO光
ソフトバンク

選ぶポイント2、スマホなしで選ぶなら

スマホ関係なく純粋に光回線として選ぶなら1位のauひかりと、2位のNURO光がオススメです。

中でもオススメなのはauひかり。他社よりもキャッシュバックが多いためお得感が大きいです。

また”縛りが軽い”のが大きなメリット。ほとんどの光回線は2年の自動更新契約となるのですが、auひかりは2年を超えてしまえばいつ解約しても違約金等の費用がかからずに辞めることができます。

光回線は一度入れてしまえばずっと使い続けるものではありますが、マンションの場合にはいつか引っ越すこともありますよね。そういったことからも、マンションに住む人にはメリットが大きいです。

 

次点ではNURO光がおすすめ。

一般的な光回線ではマンション共有部から各部屋に分配するスタイルですが、NURO光だけは光ケーブルを直接部屋に引くことができるため、2ギガの速度でインターネットをすることができます。

普段からストレスなくサクサクネットをしたい人や、動画配信・ダウンロード・オンラインゲームなど戸建て並の速度を求める人にはオススメできます。

各光回線を詳しくチェック!

ランキングで紹介した光回線の詳しい内容を1つずつ紹介していきます。

気になる光回線はこちらでチェックしていきましょう。

1位:auひかり(キャッシュバック最高額)

料金 3,800円
工事費 2年間の利用で無料
契約期間 なし
無線LAN
セキュリティ
500円(auユーザーは無料)
500円(2年間無料※So-net)
キャッシュバック ネットのみ:40,000円
ネット+電話:47,000円

提供歴も長く定番の光回線auひかり。安さはもちろんキャッシュバックも多く、サポートも充実している安心回線で、スマホがau以外の人にも問題なくおすすめできます。

キャッシュバック最高額

auひかりはプロバイダー料込で毎月3,800円。さらにキャッシュバックが他社よりも高額な40,000円となっています。(ネット+電話だと47,000円キャッシュバック)

キャッシュバックは面倒な手続きや条件などはなく、申し込むだけで開通後最短1ヶ月で口座に振り込まれます。
(振り込まれる口座番号は契約確認の電話にて聞かれます。)

マンションタイプのネット料金はほぼ横並びなので、その分キャッシュバックが大きいauひかりは他社よりもお得です。

縛りが軽い

違約金 なし
工事費分割
工事費割引
1,250円×24ヶ月
-1,250円×24ヶ月

auひかりマンションには契約期間・違約金がありません。

工事費はかかりますが、2年間にかけて毎月同額の割引が入るので実質無料。2年使い切ればいつ辞めても費用はかかりません。

また、戸建てタイプにはある「撤去費用」などもかからないので、突然の引っ越しや乗り換えでも安心できます。

auひかりの評判・口コミを確認する

2位:NURO光(マンションでも2ギガ)

料金 4,743円
速度 2ギガ
工事費 30ヶ月の利用で無料
契約期間 2年の自動更新
無線LAN
セキュリティ
標準装備
キャッシュバック 35,000円

地域限定【関東・関西・東海・福岡・佐賀】の光回線。他の光回線よりも速度が断トツで速いのが魅力です。

速度がダントツで速い!

NURO光は一般の光回線と違って直接2ギガの線をあなたの部屋まで引くことができます。

そのため、速度は戸建てと同じ。2ギガの速度を独り占めすることができます。

  • オンラインゲームをしたい!
  • ネットは毎日使うから快適な環境を作りたい!

などなど、マンションでも速い速度を使いたい人にはおすすめです。

料金について

NURO光の料金は4,743円と、速い分少し高めの料金設定になっています。

しかしNURO光は無線LANとネットセキュリティの2つのオプションが標準装備されているので永年無料で使えるメリットがあります。

このオプションは他社ではそれぞれ500円相当するものなので、NURO光は4,743円ですが500円×2つのオプション料を合わせると実質3,732円で使える計算になります。

(ソフトバンクのスマホがある場合は1台に付き1,000円の割引が入るためさらにお得です。)

エリアに注意

NURO光の提供エリアは【関東・関西・東海・福岡・佐賀】となっています。

徐々にエリアは広がってきてはいますが、該当しないエリアの人はまだNURO光を申し込むことができないので、そういった場合にはauひかりを。ソフトバンクユーザーの人はソフトバンク光を選んでみてください。

NURO光の評判・口コミを確認する

3位:ドコモ光(スマホがドコモなら)

料金 4,000円
工事費 2年間の利用で無料
契約期間 2年の自動更新
無線LAN
セキュリティ
無料レンタル
500円(1年間無料)
キャッシュバック 最大30,000円分
(転用は最大25,000円分)

ドコモの光回線は他社よりも少し高い料金設定となっていますが、ドコモのスマホがセットで割引になるのはドコモ光だけです。

ドコモのスマホ割

ドコモのスマホ割は、ドコモスマホのパケット定額が単独契約シェアパックかによって割引額が変わります。

一人 家族でシェア
LL
L
5・20GB
3GB
1GB
1,600円
1,400円
800円
200円
100円
100GB
50GB
30GB
15・30GB
10GB
5GB
3,500円
2,900円
2,500円
1,800円
1,200円
800円

ドコモ光の料金は4,000円ですが、5GBのスマホがあれば800円引きになるので実質3,200円。さらにシェアパックならもっと大きく割引になります。

プロバイダーはGMOとくとくBB

ドコモ光では20以上のプロバイダーの中から選ぶことが出来ますが、ドコモ光で一番力を入れているのが「GMOとくとくBB」です。

こちらを選ぶと以下3つの特典があります。

  1. 無線LANルーターが無料レンタル
  2. 速度が速くなる
  3. キャッシュバックが増える

特に注目したいのは速度ですね。同じドコモ光でもGMOとくとくBBにすることによってさらに速度が速く快適になると評判がいいです。

是非ドコモユーザーはドコモ光GMOとくとくBBを選びましょう。

ドコモ光の評判・口コミを確認する

4位:ソフトバンク光(NURO光がエリア外のSBユーザー)

料金 3,800円
工事費 他社からの乗り換えで無料
契約期間 2年の自動更新
無線LAN
セキュリティ
500円
500円
キャッシュバック 33,000円
(転用:15,000円)

他社と比べると平凡な内容ですが、ソフトバンクのスマホ割を合わせると一気に安くなります。NURO光がエリア外のソフトバンクユーザーにおすすめです。

ソフトバンクのスマホ割

ソフトバンクのスマホ割はスマホのデータ定額量によって変わります。

データ定額 割引額
5GB〜50GB 1,000円
1/2GB・3Gケータイ 500円
また、割引条件としてオプションパック(500円/月)の加入が必要です。

【オプションパックについて】ソフトバンク光の場合には以下3つのオプションがセットになった「オプションパック(500円/月)」の加入が必要です。

・光BBユニット(回線速度を上げる機器)
・Wi-Fiマルチパック(Wi-Fiルーター)
・光電話(固定電話)

特に光BBユニットは付けないと速度が遅くなるので必ず申し込みましょう。

オプション料はかかりますが割引が1台に付き1,000円入るので、ネット料3,800円+オプション料500円=4,300円から1,000円引いて実質3,300円。複数台あればさらに安くなるためソフトバンクユーザーはお得です。

 注意

この割引は光回線と同時に申し込むことができません!

光回線が開通してから1か月後にショップまたはWEBから手続きが別途必要となります。

工事について

ソフトバンク光は他社から乗り換えて申し込む場合に限り工事費が無料となります。

今何もネットを引いていない場合には15,000円の工事費がかかってしまいますが、こちらは分割にも出来ますし、キャッシュバックを当てれば負担もありません。

NURO光との違い

ソフトバンクのスマホ割はNURO光でも適用となるため、ソフトバンクユーザーにとってどちらがいいのか比較してみましょう。

ソフトバンク光 NURO光
料金 4,300円
(3,800円+500円)
4,743円
工事費 乗り換えで無料 無料
無線LAN
セキュリティ
オプションパックに含む
500円
標準装備

※NURO光ではオプションパックは不要です。

ソフトバンク光ではセキュリティが別途500円かかるため、付けると合計4,800円となりNURO光より少し高くなります。

「セキュリティは必要ない」という場合にはソフトバンク光が4,300円で済むので安くなります。

また、他社乗り換えでなく新規で申し込む場合には15,000円の工事費がかかってしまうためNURO光がおすすめになります。

 

場合にはよりますが、速度も速いので基本的にはNURO光がおすすめ。NURO光がエリア外に限りソフトバンク光がおすすめとなります。

ソフトバンク光の評判・口コミを確認する

5位:ビッグローブ光(auひかりがエリア外のauユーザー)

ネット料金 3,980円
工事費 40ヶ月利用で無料
契約期間 3年の自動更新
無線LAN
セキュリティ
500円(1年無料)
380円
キャッシュバック 25,000円

料金も安くキャンペーンも豊富なビッグローブ光。auひかりと同様にauのスマホ割が適用になります。

auスマホ割

ビッグローブ光ではauのスマホ割が適用になります。

割引額はスマホで加入しているデータプランによって変わります。

データプラン 〜2年 3年〜
フラットプラン 1,000円
ピタットプラン 3GB以上
2GB以下
1,000円
500円
30GB
5/20GB
2/3GB
1GB
2,000円
1,480円
934円
934円
934円
934円
934円
500円

あなたのスマホのデータ定額がフラットプランなら永年1,000円引き。3台あれば3,000円も割り引かれます。

【光電話について】割引条件として光電話(500円)の加入が必要。不要の場合もオプションとして付けておいた方お得です。

auひかりと比較

ビッグローブ光 auひかり
料金 3,980円 3,800円
契約期間 3年の自動更新 なし
キャッシュバック 25,000円 47,000円

ビッグローブ光とauひかりを比較すると、契約期間もなくお得なauひかりの方がオススメです。

ただしauひかりはマンションにKDDIの設備がないと申し込めないため、エリア外で入れない場合もあります。

ビッグローブ光はNTTの回線を使っているためどのマンションでもほぼ申し込み可能です。

auひかりに入れなかったauユーザーは、スマホ割がきくビッグローブ光に申し込みましょう。

ビッグローブ光の評判・口コミを確認する

6位:ぷらら光

料金 3,600円
工事費 15,000円
契約期間
無線LAN
セキュリティ
無料
399円(2年無料)
キャッシュバック 35,000円
(転用:15,000円)

他社よりもネット料金が安くキャッシュバックも高額なぷらら光。スマホ割はありませんがオプション料金も安いので幅広くおすすめできます。

工事費がかかる

ぷらら光には工事費無料キャンペーンがありません。キャッシュバックが高額なので賄うことができますが、分割で支払うと500円×30ヶ月(15,000円)が毎月料金に加算されます。

フレッツ光などから転用する場合にはかかりませんが、その分キャッシュバックも減ります。

契約期間の注意点

ぷらら光には契約期間がないためいつ辞めても違約金がかかりません。

ただし、キャッシュバックに関しては3年以内に解約してしまうと返金が必要になるため、実質3年以上は使わなくてはいけません。

 

ぷらら光はとてもお得ですが、上位と比較するとオススメ度は少なくなります。

ぷらら光の評判・口コミを確認する

フレッツ光

料金 3,800円
工事費 15,000円
契約期間 2年の自動更新
無線LAN
セキュリティ
プロバイダーによる
キャッシュバック

光回線の定番であるフレッツ光。ランキングには載せてありませんが「なんでフレッツ光がないの?」という方のために補足として紹介します。

昔は光回線と言えばフレッツ光で多くの人が加入していましたが、現在では今まで多くやっていた新規キャンペーンを辞め、回線自体を他社に貸す「光コラボレーション」を始めました。ドコモ光やソフトバンク光などがそうですね。

そのため、現在のフレッツ光は工事費も全額かかりますしキャッシュバックも行っていないので、今入るにはかなりおすすめ出来ないものとなっています。

未だに知名度だけで「よく分からないしフレッツ光にしとこう」と選んでしまう人も中にはいますが、後から「他のにすればよかった」と後悔しかねません。

是非ランキングの新しくお得な光回線を選ぶようにしましょう。

申し込みの流れ・工事

光回線が決まってから、申し込んで実際に使えるようになるまでの流れをまとめていきます。

申し込み方法

まずは光回線を選び申し込みをしましょう。申し込みはネットから24時間受け付けています。

申し込みから数日で確認の電話がかかってきます。そちらで申込内容の確認と注意事項の説明をうけます。気になることがあればこの電話で質問ができます。

問題なければ工事の日程調整をします。

工事日になると立ち会いをします。基本的には1時間もかからない簡単なものになります。工事が終わったらすぐにネットが使えるようになります。

工事の流れ

マンションの工事は基本的に共有部での作業がメインになります。

共有部からあなたの部屋までは既にケーブルが通っているので、引き込み工事のある戸建てと違って簡単にすみます。

また、宅内に機器を取り付けるために部屋内に業者が入りますので立ち会いが必要です。こちらも早ければ15分ほどで済みます。

管理人への承諾

マンションで光回線を入れるには管理人(管理会社)へ承諾を貰う必要があります。

一言「〇〇光を入れます」と声をかけるだけで大抵大丈夫です。

ただ、既に光回線の設備が入っているため、承諾を行わずにそのまま入れてしまう人も多いようです。(私自身も一度も承諾を行ったことはありません。)

最近のマンションでは大丈夫だとは思いますが、例外として「特定の光回線を入れてほしい」というようなオーナーさんがいる場合もあるので、ここでは承諾を行うことを推奨します。

転用

NTT系光回線からNTT系光回線へ乗り換える際は、線をそのまま使えるため「転用」ができます。

転用が出来ると、工事自体が入らず機器の交換程度で簡単に乗り換えることができます。もちろん工事費もかかりません。

こちらで紹介した光回線の中で転用が対象となるのは以下の光回線です。

  • フレッツ光・ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光・ぷらら光

(例えば現在フレッツ光を使っていてドコモ光にする場合には転用ができます。)

Wi-Fi接続方法

工事が終わったらそのまま線を繋げばネットに繋がりますが、無線で繋ぐには設定が必要です。

無線に繋ぐには無線LANルーターが必要。持っていない場合には購入するか、光回線申込時に無線オプションをつけておきましょう。

設定はネットに繋ぎたい機器から、SSIDを選びパスワードを入れれば完了。次からは自動でつながるようになります。

SSID・パスワードはルーターの裏などに記載があります。

まとめ

以上マンションでのオススメ光回線でした。まとめると以下2回線がオススメです。

  • auひかり:キャッシュバックが多く縛りが少ない
  • NURO光:回線速度NO.1。料金は上がるがオプション付き

また、ケータイ3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)を使っているなら、セットにすることでスマホ割が適用になります。

  • ドコモ:ドコモ光
  • au:auひかり・ビッグローブ光
  • ソフトバンク:NURO光・ソフトバンク光

このスマホ割がかなり大きいので、是非セットで選ぶようにしてみてください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です