初めてのインターネット契約で絶対に失敗しない43のポイント

「インターネット契約で絶対に失敗したくない!」

今ではインターネットは欠かせないものになり、ファミリーだけでなく一人暮らしやパソコンを持っていない人でさえも自宅にネットを引く時代になりました。

しかし、慣れないインターネット契約に難航する人も多くいます。なぜなら、今ではこれだけの選択肢があるからです。

「光回線とモバイルルーターどっちにする?」「光回線100社以上の中から選ぼう」

そんな中で段々と比較するのも面倒になり、多くの人は「勧められたもの」や「なんとなく良い印象のもの」などと、最終的には”なんとなく”で決めてしまうんですね。

 

ですが、インターネット契約というのはスマホと一緒で「2,3年の契約期間」があるもの。なので一度契約したらずっと使い続けるものです。

さらに、インターネット自体ももう毎日何時間も使い続けるものですよね。なので、契約してから高かったり遅かったりしてしまった時の後悔は底知れません。

 

・・・と、少し脅すようなことを話してしまいましたが、インターネット契約というのはちょっとしたポイントを抑えておくだけでとても簡単。失敗はほぼありません。

また、インターネットなんて今や誰もが使っているものなので、要は「みんなが使っているインターネット」を選んでおけばまず失敗しません。

そして、その中でもあなたに合ったもの、あなたにとって良いものを選ぶだけの簡単な作業です。

 

私自身も初めてのインターネット契約ではそんなポイントなど知らず、誰も教えてくれなかったので、

  • 電気屋の店員さんから言われるがままに入って後から「もっと安いのあるじゃん!」と後悔したり
  • 気軽に契約してみたらめちゃくちゃ遅くて使い物にならなくて、40,000円ほどの違約金を払ったり

などなどの失敗をしてきました。

 

今回はそんな「初めてインターネット契約をするあなた」が失敗しないために知っておくべきポイントを43つのポイントにまとめてみました。

とても長くなりますが、興味ある部分や重要な部分だけを流し読みしていただいてもOK。

是非チェックして失敗しないインターネット契約の参考にしてみてくださいね。

目次

光回線orモバイルルーター

インターネットの種類はザックリ分けると4つあります。

  1. 光回線
  2. モバイルルーター
  3. ADSL
  4. ホームルーター

その中でも現在主流なのは、自宅に光ケーブルを引き込んで快適な速度が出せる「光回線」と、端末があるだけでどこでもネットに繋げるスグレモノ「モバイルルーター」の2つ。

どちらを選ぶかまだ決まっていないあなたは、まずどちらを選ぶべきなのか、それぞれの違いをチェックしていきましょう。

ネットで何をしたいか

内容 光回線 モバイルルーター
スマホでSNS・動画・アプリ
パソコンでメール・サイト観覧
動画の送受信
大容量ダウンロード
PS4・Switch・PCでのオンラインゲーム

それぞれの一番の違いはネットの速度で、光回線の方が速度が速くて安定します。

「モバイルルーターは遅いのか」というとそうではなく、今では100メガ以上の光回線並の速度が出せるようにはなっているのですが、大きな違いは「安定感」にあります。

光回線は直接光ケーブルを宅内にまで引き込むので、その分速度が速く安定します。

モバイルルーターは電波を経由しているので、場所や建物や時間帯などによって影響を受けることがあり、モバイルルーターで大容量のダウンロードをすると長時間かかったり途中で途切れることも。オンラインゲームに関してはカクカクしたり読み込みが遅くて相性が悪くなります。

とは言えスマホでアプリやSNS、YouTubeを見るくらいならモバイルルーターでも十分な速さなので、

  • スマホがメイン!たまにPCも→モバイルルーター
  • 動画もゲームもガンガンしたい!→光回線

というように選びましょう。

みんなで使う or 一人で使う

1人で使うならモバイルルーターでも大丈夫ですが、家族みんなで使うなら光回線の方がおすすめです。(タブレットやPC、家電など複数台繋ぎたい時も同様)

光回線でもモバイルルーターでも基本10台くらいは同時接続ができるのですが、モバイルルーターだと複数台使うと遅くなったり、別の部屋にまで届きづらかったりすることがあります。

またモバイルルーターは小型の精密機器なので、常に充電しながらずっと電源を付けていると熱くなったり故障するリスクもあります。

家で使う or 外で使う

光回線は固定回線なので自宅でしかネットが使えませんが、モバイルルーターは持ち運びができるので、以下の場合にはモバイルルーターを選びましょう。

  1. 会社やカフェなどで作業したい!
  2. 速度制限予防に、スマホに常に繋いでいたい!
  3. 出張などで引っ越しが頻繁にある!

逆に「自宅でしかインターネットしない!」という人は光回線を引いた方が簡単ですし快適です。

ADSLとホームルーターについて

インターネットの種類にはADSLとホームルーターもありますが、こちらはオススメできません。

まずADSL。こちらは電話回線を使った昔のインターネットでしたが、新規加入はどちらも終了になっています。

また、ホームルーター。こちらは「工事が入らない光回線!」という広告で電気屋さんやケータイショップで率先的に売り出されています。

ただし、正確には「持ち運べないモバイルルーター」というイメージ。速度はモバイルルーターほどなので光回線として契約すると速度が足りないことがあります。

料金も決して安いわけではないので、快適な速度を選ぶなら光回線。速度は必要ないという場合でもホームルーターよりはモバイルルーターがオススメです。

光回線とモバイルルーターを一言でまとめると
  • 自宅でストレスなくネットしたいなら光回線
  • 繋ぐのはスマホのみ!(たまにPC)ならモバイルルーター

となりました。

続いてはそれぞれの選び方をチェックしていきます。光回線を選ぶ場合はそのまま読み進めてください。

モバイルルーターを選ぶならこちらからスキップできます。

おすすめ光回線の選び方

光回線の数はここ数年でかなり増え、今では100以上もあります。

ですがご安心ください。その中から数回線に絞っていくのはとても簡単です。

チェックしていきましょう。

まずはマイナー回線を省く

現在では光回線は100回線以上もの数になっていて、この中から一つを探すのはとても大変ですが一気に数回線に絞ることができます。それは「有名人気回線を選ぶ」ということ。

飲食店なら「安くておいしい隠れ店」があったりしますが、光回線に関しては有名で人気なものを選ぶに越したことはありません。

理由としては以下の2つがあげられます。

加入者が少ないため、もしもの時に情報が出てこない!?

知恵袋

auひかりは提供歴も長く加入者も多いので口コミや情報がいくらでも出てきますが、知名度の少ない光回線の情報はまったく出てきません。

光回線を選ぶ際にも参考にすることができませんし、調べたいことやトラブルがあった時には解決するまでにより時間がかかってしまいそうです。

サービス終了してしまうかも!

サービス終了

不人気店が潰れてしまうように、光回線も加入者が少ないとサービス終了してしまうことがあります。

インターネット以外ならば小さな個人店でも良いところはありますが、光回線に関しては加入者がたくさんいて有名な「みんなが入っているところに入る」のが正解になります。

フレッツ光・ケーブルテレビは選ばない

有名人気回線を選ぶ中でも2つだけ例外があります。それはフレッツ光とケーブルテレビ。

これらは昔から誰もが知っている定番回線で、安くて安心なイメージがありましたが、現在ではもう古い回線となってしまいました。

キャンペーンもほとんど終了しているので工事費もしっかりとかかりますし、キャッシュバックもありません。料金も他社と比べて相当高くなってしまっています。

昔のインターネットは「フレッツ光」と「ケーブルテレビ」しかなかったのでこの2つを選ぶしかありませんでしたが、現在ではオススメできないので注意。

エリアはどうか

回線 エリア
ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光 全国9割以上がエリア
auひかり 関西・中部がエリア外
NURO光 関東・関西・東海・九州(福岡・佐賀)エリア

光回線には提供エリアがあり、エリア外の場合は申し込みたくても入れないので事前にチェックが必要です。

auひかりは全国展開してはいますが、関西・中部地方だけはエリア外となっているので申し込めません。

NURO光はエリア限定の光回線となっています。

一方ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光などは光コラボレーションといって、NTTの回線を使って提供しています。

NTT回線は日本全国ほとんどにまで広がっているので、ほとんどのエリア、建物で加入できます。

速度は基本変わらない

動画を見たりオンラインゲームをしたりと、今では速度も重点的に見ていきたいですよね。

ただし、NURO光を除いてほとんどの光回線は1ギガと、どちらでも変わらない速い速度が出ます。

また接続方法に関して、今まではIPv4という接続方法が主流だったので、土日やゴールデンタイムなど、通信が混み合う時間には遅くなってしまう光回線がありましたが、現在では新しくIPv6という接続が出てきました。

「同じ1ギガの光回線なのにこっちは遅い!」なんてトラブルがありましたが、これからは混雑することがなく、快適にインターネットが使えます。

現在主流の光回線のほとんどはこのIPv6が対応しているため、どちらを選んでも速度に関しては大差ありませんので、安心して選びましょう。

安い料金をチェック!

誰もが少しでも安い光回線を探していると思いますが、ちょっとコツがいります。

普通の形ある商品なら純粋に料金を比較して一番安いものを選べばいいだけですが、光回線にはネット基本料金以外にも追加でかかるものがあったり割引があったりします。

なので、総合的に一番オトクなものを比較しなくてはいけません。ちょっと複雑に感じてしまうかもしれませんが、チェックするポイントはたった5つだけ。

こちらを知っておけば、あなたにとって一番安い光回線を見分けられるようになりますので、チェックしていきましょう。

スマホとセットにする(重要!!)

ドコモ ドコモ光
au auひかり
ビッグローブ光など
ソフトバンク NURO光
ソフトバンク光

現在主流になっている光回線の選び方は「スマホとセットにすること」です。

ケータイ各社では光回線とスマホをセットにすることで1,000円ほどの割引が入り、こちらが大きいので細かい料金を比較しなくてもセットにすることが一番安くなります。
(割引額はデータプランなどによる)

例えばマンションプランだとauひかりとソフトバンク光は「3,800円」と同額ですが、スマホがauならセットにすることで1,000円引きとなり、実質はauひかりを選んだ方が「2,800円」となるわけですね。

まれに「スマホはソフトバンクなのにドコモ光に入っている人」を見かけるのですが、特別なこだわりがない限りは必ずセットにするようにしましょう。

料金は戸建てかマンションか

ネット料金は戸建てか集合住宅かによって違ってきます。

「戸建ては安いけどマンションは高い」

ということがあるので、あなたのお住いによって一番安いところを探す必要があります。

プロバイダー料金は関係なし!

今までは基本料金の他にプロバイダー料もかかっていたため、少しでも安いプロバイダーを選ぶ必要があって面倒でしたが、現在ほとんどの光回線が「プロバイダー込み」になっています。

そのため、今までのようにプロバイダーまで気にする必要はなくなりましたので、純粋にネット料金を比較すればOKです。

(ちなみにプロバイダー料金が別でかかるのはフレッツ光。こちらは5,000円の基本料金に加えてプロバイダー料がかかるので合計6,000円を超えてしまうことも・・・。)

工事費がかかるか

光回線によって15,000円〜40,000円の工事費がかかります。

しかし最近の光回線では長く使うことで工事費を無料にするキャンペーンを行っているので、そういったところを選ぶようにしましょう。

逆に、一見安い光回線でも工事費無料キャンペーンがない場合では、合わせて比較する必要があります。

格安光回線 有名光回線
ネット料金 4,380円 4,980円
工事費 1,000円×30ヶ月 無料
合計 5,380円 4,980円

この表のように工事費をあわせると高くなることもあるので、工事費も合わせて比較しましょう。

NTT同士なら転用ができる

現在NTT回線の光回線を使っていてそこから乗り換える場合には、光ケーブルをそのまま使えるため転用することができます。

転用の場合には工事が入らずに機器(ルーター)を変える程度。もちろん工事費も発生しません。

NTT回線を使った光回線を以下にまとめたので、この中同士での乗り換えであれば転用できるので簡単です。

転用できる光コラボ 転用できない光回線
ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光・So-net光・DMM光・OCN光・ぷらら光・@nifty光など NURO光・auひかり・コミュファ光など

オプション

オプションを付ける場合にはそれらの料金も毎月かかってきます。

不要であれば付けなくてOKですが、一般的に付ける人が多い”価値のあるオプション”が3つあります。

オプション 料金(相場) 概要
光電話 500円+通話料 自宅で使える固定電話
無線LAN 500円程度 無線(Wi-Fi)をとばせる機器
セキュリティ 500円程度 ウイルス対策

これらは無料キャンペーンを行っているところもあるので、もし付けるならばそういったところを選ぶとお得になります。

キャッシュバック

光回線と言えばお得なキャッシュバックですね。

同じくらいの料金の光回線で悩んでいるならキャッシュバックが高額なところにするのも一つの手です。

また、キャッシュバックを貰うために手続きの条件がある光回線も複数あります。この手続きを忘れると貰えないというリスクもあるので、もし契約する時には「忘れないようにメモしておく」か「手続きなどなく必ずもらえるところ」を選びましょう。

どんな光回線がある?

上記で紹介した選び方を踏まえた上で、現在オススメできる光回線を10回線選んでみました。

どんな光回線があるのかをチェックしながら是非あなたにとっての一番を選んでみましょう。

NURO光

対応エリア 関東・関西・東海・九州(福岡・佐賀)
ネット料金 4,743円
速度 2ギガ
工事費 30ヶ月利用で無料
スマホ割 ソフトバンクスマホ1台1,000円引き 詳細を見る
キャッシュバック 35,000円
備考 ネットセキュリティ+無線LAN標準装備

NURO光(ニューロ)はSo-netが提供するエリア限定の光回線。通常料金は4,743円と安く、さらに2つのオプション(セキュリティ・無線LAN)が永年無料。

それぞれ毎月500円くらいはするものなので、これだけでも他と比べて1,000円分はお得になります。

NURO光 他社回線
ネット料:4,743円
セキュリティ:0円
無線LAN:0円
計4,743円
ネット料:5,200円
セキュリティ:500円
無線LAN:500円
計6,200円

さらに一番のポイントは回線速度が他社の2倍の2ギガ。オンラインゲームなど速度を求めるものに関して相性がよく、まさに日本最速の光回線と言えます。

NURO光 その他回線
(auひかり・ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光…)
2ギガ 1ギガ

工事費の負担もありませんし、キャッシュバックも高額でお得。まさに言うことなしの最強光回線なので、提供エリア内のあなたは是非NURO光を選びましょう

NURO光の評判・口コミを確認する

auひかり

ホーム マンション
ネット料金 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年〜:4,900円
3,800円
速度 1ギガ 100メガ
工事費 5年の利用で無料 2年の利用で無料
スマホ割 auスマホ1台1,410円引き(5GBの場合) 詳細を見る
キャッシュバック 52,000円 47,000円
特徴 ・auユーザーは無線LAN(500円)が永年無料
・他社乗り換え費用を返金

auひかりは提供歴が長いのに加え口コミもず〜っと高評価を保ち続けている、多くの人に長年愛され続けている信頼の光回線です。

特に速度についてはNURO光と並ぶ速さなので「速度を重視したいんだけどNURO光がエリア外」という場合にはオススメです。

また、auひかりの大きな特徴としては”52,000円の高額キャッシュバック”ですね。他社と比べても断トツですしオプション加入などの条件もなく現金で受け取ることができます。(口座振込)

auユーザーはもちろん、au以外のスマホを使っている人にもおすすめできる光回線です。

マンションは1位!

マンションタイプに関してはどの光回線も料金が横並びなので、その中でもキャッシュバックがズバ抜けているauひかりが圧倒的オススメできます。

auひかりの評判・口コミを確認する

ビッグローブ光

ホーム マンション
ネット料金 4,980円 3,980円
速度 1ギガ 100メガ
工事費 40ヶ月利用で無料
スマホ割 auスマホ1台1,410円引き(5GBの場合) 詳細を見る
キャッシュバック 25,000円
特徴 ・無線LAN(500円)が1年無料

料金も安くキャンペーンも豊富なビッグローブ光。auひかりと同様にauのスマホ割が適用になります。

オススメ度的には圧倒的な提供歴の長さから安心できるauひかりを上位に置いていますが、ビッグローブ光はNTTの回線を使っているため、フレッツ光から乗り換える時には工事が入らずフレッツ光の違約金も免除になります。

auひかりがエリア外のauユーザーフレッツ光ユーザーにはオススメできます。

ビッグローブ光の評判・口コミを確認する

ドコモ光 × GMOとくとくBB

ホーム マンション
ネット料金 5,200円 4,000円
速度 1ギガ 100メガ
工事費 無料 無料
スマホ割 ドコモスマホ800円引き(5GBの場合) 詳細を見る
キャッシュバック 最大30,000円分
(転用は最大25,000円分)
特徴 ・無線LANルーターが永年無料

ドコモのスマホが割引になるのはドコモ光だけなので、ドコモユーザーはドコモ光とセットにすると一番安くなります。

また、ドコモ光ではプロバイダーを20社の中から選べるのですが「GMOとくとくBB」を選ぶと3つの特典があります。

  1. V6プラス対応で他プロバイダーよりも速い
  2. 無線LANルーターが無料レンタル
  3. キャッシュバック5,500円上乗せ

速度も速く快適に、さらにお得に使えるとドコモ光対応プロバイダーの中では一番人気なので、ドコモスマホのあなたは是非ドコモ光 GMOとくとくBBを選びましょう

ドコモ光の評判・口コミを確認する

ソフトバンク光

ホーム マンション
ネット料金 5,200円 3,800円
速度 1ギガ 100メガ
工事費 他社から乗り換えなら実質無料
スマホ割 ソフトバンクスマホ1台1,000円引き 詳細を見る
キャッシュバック 新規:33,000円
転用:15,000円
特徴 ・他社乗り換え費用を返金
・開通までルーターレンタル

ソフトバンクのスマホ割が適用になるのはNURO光とソフトバンク光の2回線だけですが、ソフトバンク光は全国ほとんどのエリアで申し込みができます。

料金やキャッシュバック額は一般的ですが、ソフトバンクのスマホが1台につき1,000円割り引かれるので、「NURO光がエリア外のソフトバンクユーザー」にはソフトバンク光がオススメできます。

ソフトバンク光の評判・口コミを確認する

ポイント1. 一番安いのは?

戸建て マンション
スマホとセット スマホとセット
NURO光
全部込みで4,743円!
auひかり
40,000円キャッシュバックが大きい!
auひかり
毎年安くなり、キャッシュバックも高額!
ソフトバンク光/ビッグローブ光

どちらも一番安いのはスマホとセットにすること。ネット料が5,200円だとしてもスマホ割1,000円入れば実質4,200円となるので、どこよりも安く持てます。

スマホ度外視で比較するなら、戸建てではエリア限定ではありますがNURO光が圧倒的1位。料金も安くオプションも全部込み。工事費も無料でキャッシュバックも高額です。

NURO光がエリア外だった場合には次点でauひかりがオススメ。料金は毎年安くなりますし、キャッシュバックも他社と比べて高額。スマホがau以外でも十分にオススメできます。

 

一方マンションではauひかりが圧倒的にオススメ。毎月3,800円はですが、ネットだけの申込みでも40,000円の高額キャッシュバックが受け取れます。

ただし、マンションがauひかり対応していないことがあるのが難点。もし申し込んだ結果「残念ながら対象外の建物でした・・・」となった場合には以下2回線がおすすめ。

  • ソフトバンク光:基本料3,800円、新規だと工事費がかかる
  • ビッグローブ光:基本料3,980円、工事費無料

他社から乗り換える場合にはソフトバンク光、新しく光回線を引く場合には工事費無料のビッグローブ光を選びましょう。

ポイント2. 速さを求めるなら

光回線の速度はほぼ横並びで、どちらを選んでも快適な速度が出ます。

ですが、「インターネットは毎日ガンガン使いたい!」「大容量のデータをサクッと送受信したい!」「オンラインゲームをしたい!」など少しでも速度を重視したい場合には以下の光回線がオススメです。

  1. NURO光
    (回線速度が他社の倍の2ギガ。日本最速のインターネット)
  2. auひかり
    (提供歴が長く、口コミもずっと良い、トラブルが少なく安心できる)
  3. ドコモ光 GMOとくとくBB
    (全国平均速度を公開。遅かったらキャッシュバックと速度に自信有り)

現在日本で一番速いのはNURO光。特にオンラインゲームには相性が良く「NURO光だから勝てた!」という声が上がるほど回線が強いです。

次点でauひかり。提供歴も長く口コミも好評で、「速い光回線と言えばauひかり」とも言われている安心の光回線です。

続いてドコモ光。こちらはプロバイダーのGMOとくとくBBが速度にかなり力を入れていて、口コミも「速い」という声が多くあがっています。

 

以上を参考に、あなたにとって1番の光回線を選んでみてください。

申し込みの流れ

光回線が決まったら続いては申込みです。

申し込み方法や注意点をチェックしていきましょう。

申し込んでから開通までの期間

光回線を申し込んだ場合の開通までの流れは以下の通り。

  1. 申し込む
  2. 後日確認の電話が入るので、工事日を指定する
  3. 工事が入る

工事は1時間ほどで、終わり次第すぐにネットが使えるようになるのですが、この工事日まで時間がかかります。

エリアや込み具合などによって変わりますが、戸建ての場合は1ヶ月前後、マンションの場合は2週間程度かかります。

是非早めに、余裕をもって申し込むようにしましょう。

どこで申し込むかを決める

「キャッシュバック10,000円と聞いて申し込んだけど、違うところで申し込んだら30,000円貰えた!」なんてトラブルがある通り、同じ光回線でも申し込む場所によってキャッシュバック金額が変わります。

例えばauひかりの場合で見てみましょう。

申し込み窓口 金額 還元方法
代理店サイト 52,000円 現金振り込み
公式サイト 10,000円 郵便為替
家電量販店 20,000円 商品割引
auショップ 10,000円 郵便為替
電話営業 5,000円 商品券

(こちらは一例です。店舗や時期によって異なります。)

一目で見て分かる通り、光回線を一番お得に申し込む方法は「代理店サイト」です。理由としては”低コスト”があげられます。

家電量販店やauショップなどの実店舗では家賃や人件費などのコストが大きくかかっているため、キャッシュバックを高額にしてしまうと赤字になってしまうため大きくできません。

一方代理店サイトはコストが少ないため、あまったその分をキャッシュバックに大きく当てることができます。

また、どこで申し込んでもサービス内容は同じなので、せっかく申し込むなら少しでもお得な代理店サイトから申し込むようにしましょう。

※当サイトではおすすめの代理店をPICKUPして紹介しています。また光回線ごとの代理店サイトもそれぞれ比較していますので、しっかり比較することもできます。

工事の内容をチェック

工事というと一見大げさに聞こえますが、実際の工事は穴あけをするわけではなく、光ケーブルを通すだけのとても簡単な工事です。

建物別にチェックしましょう。

戸建て

戸建ての場合は、自宅の近くの電柱から光ケーブルを宅内に引き込む作業が入ります。

光ケーブルを壁に這わすため数ミリのビスを打ち込みますが、基本的に穴あけはせず、エアコンのダクトや電話の配管など”既存の穴”から通す簡単なものとなります。

宅内には光コンセントの取り付け作業が入ります。その後、機器(ルーター)の取り付けをして終了です。

工事の時間は基本1時間程度で終わりますが、ほとんどの作業は外となるので立ち会いは数十分です。

マンション

マンションの場合はすでに配線は通っているため、共有部での切り替え作業がメインとなります。(こちらは立ち会う必要ありません)

宅内には機器(ルーター)の取り付けに伺うので立ち会いが必要ですが、数分程度となります。

ネットに繋ぐ

ケーブルを繋げばインターネットは使えるようになりますが、現在では無線が主流なのでその方法を伝えします。

1,ホームゲートウェイという機器の裏にIDとパスワードが書かれているのでチェック

2,ネットに繋ぎたい機器に設定する

スマホなら「設定」→「Wi-Fi」→ネットワークを選択→パスワードを入力

一度設定すれば次回からは自動で接続されます。

モバイルルーターの選び方

持ち運びが出来るモバイルルーターの選び方をチェックしていきましょう。

どんな種類があるの?

モバイルルーターはいくつもありますが、現在主流になっているモバイルルーターは大きく分けて3種類あります。

まずはどんな選択肢があるのかを簡単にチェックしましょう。

  • どんなときもWiFi
    CMでもお馴染みの新しいモバイルルーター。安くて繋がりやすく人気。
  • UQWiMAX
    モバイルルーターの定番。数々のプロバイダーや機種を選ぶことが出来る。
  • NEXTMOBILE
    月制限があることで安く使えるライトユーザー向けのモバイルルーター。
  • Y!mobile
    テレビCMでもお馴染み。少ない容量のプランがある。

ケータイ系はオススメできない

ケータイ会社(ドコモ・au・ソフトバンク)でもモバイルルーターを取り扱っていますが、こちらで契約するのはオススメ出来ません。その理由はこちら。

  1. 料金が高い
  2. スマホとセットにするメリットがほぼない
  3. キャンペーンがない

ケータイ会社のモバイルルーターはサブ的に行っているようで、あまり力を入れてないよう。

契約するならモバイルルーター会社の4社から選ぶようにしましょう。

キャッシュバックではなく月額割引に

今まではモバイルルーターにもキャッシュバックがありましたが、現在行っているところはほぼ無くなり、代わりに「○年間500円引き」というような月額割引が主流になっています。

キャッシュバックの場合、受け取るために手続きが必要だったりして、忘れて貰えなかったなんてリスクもありました。

月額割引では申し込めば必ず適用になるので安心です。

モバイルルーターは始めの更新月で解約を!

2年間500円引きで、2年ごとの自動更新の場合、2年経った始めの更新月で解約をすることを前提で申し込むのをオススメします。理由は以下。

  • 割引がなくなり高くなるから
  • 2年も経てば新しい機種も出ているから

申込時には必ず解約月をチェック。忘れないようにカレンダーなどにメモしておきましょう。

速度はどうか

モバイルルーターでも重要なのが速度。モバイルルーターによって速度が違うため、速いものを選ぶ際の目安となるのがメガ数。こちらは大きければ大きいほど速くなります。

せっかく契約したのに遅すぎて使い物にならなかったなんてことにならないように、チェックしていきましょう。

そもそもの利用用途は大丈夫か?

「どのモバイルルーターが遅いのか」と言う前に、そもそもあなたの利用用途ではモバイルルーター自体が無理!というケースがあります。

モバイルルーターでは、まずスマホに繋ぐならほぼOK。アプリもSNSもYouTubeも快適に使えます。

ただし、複数台の同時通信・大容量データの送受信・オンラインゲームなどには相性が悪いため、その場合には光回線を選ぶようにしましょう。

制限はどうか

モバイルルーターには通信制限があるものがあり、使いすぎると速度制限がかかるものがあります。

制限の種類は【月の制限】と【直近3日間】の2つ。こちらは制限がなく使い放題のモバイルルーターもありますが、制限があることで安く使えるものもあるので、あなたの利用頻度に合ったものを選びましょう。

契約期間はどうか

スマホなどと同じようにモバイルルーターにも契約期間があります。

会社によって2年と3年契約があり、更新月以外の解約では違約金が発生します。

モバイルルーターは小さな精密機器なので2,3年くらいが寿命になります。始めの更新月で解約することを前提に申し込みましょう。

オプションはどうか

有料オプションの加入が条件のところもあります。オプションには無料期間が付いているので、不要な場合は期間内に解約すれば負担にはなりません。

もしオプションが付いてしまう場合には解約を忘れないようにメモしておきましょう。

端末料金は無料

ほとんどのモバイルルーターは端末料金が無料になるキャンペーンを行っています。

機種によって高くなるなんてことも少ないので、純粋に最新機種を選びましょう。

使えるようになるまでの流れ

多くのモバイルルーターは、ネットから申し込んだら即日発送なので最短翌日には本体が届きます。

自宅に届いたら本体に電源を入れればWi-Fiが飛びますので、すぐにネットに繋ぐことが出来ます。

Wi-Fi設定方法は、ネット接続したいデバイス(スマホ・PCなど)にIDとパスワードを入力するだけ。IDとパスワードは本体に記載があります。

おすすめのモバイルルーター

  • どんなときもWiFi
    料金プランは1つ・オプションなし・エリアも広い。シンプルで失敗のないモバイルルーター。
  • UQWiMAX
    速度ナンバーワン。auユーザーは割引が有るので安い。オプション解約が必要。
  • NEXTmobile
    制限があるけど安い。ライトユーザーで料金を抑えたい人向け。
  • Y!mobile
    制限がかなり少ないが最安値。

それではオススメのモバイルルーターをそれぞれ紹介していきます。

この4つは特徴が分かれているので、あなたにあったものを選んでみてください。

どんなときもWiFi

料金 2年間:3,480円
3年〜:3,980円
速度 150Mbps
制限 完全無制限
契約期間 2年の自動更新
オプション なし
その他 海外でも利用可

どんなときもWiFiは契約がとてもシンプル。料金プランも1つですし制限も一切なく、機種も1つなので選ぶ必要がありません。

また速度に関しては150Mbpsとなっていますが、ドコモ・au・ソフトバンクの3つの電波が対応していて、常に繋がりやすい電波に切り替わる仕様となっています。

よく建物によって「うちソフトバンクだけ電波弱いんだよね」なんてことがありますが、どんなときもWiFiなら「どのスマホの電波も入らない!」というような山の中以外であればどこでも繋がります。

 

「思ったより高かった!」「うちは速度が遅かった!」「制限かかって全然使えない!」というような失敗リスクが少ないどんなときもWiFiは、どんな人にもおすすめできる安心のモバイルルーターです。

どんなときもWiFiの詳細を見る

UQWiMAX(GMOとくとくBB)

料金 3年間:3,480円
4年〜:4,263円
速度 440Mbps
制限 月:無制限
直近3日間:10GB
契約期間 3年
オプション 安心サポート:300円
Wi-Fi接続オプション:362円
その他 auスマホ割

モバイルルーターの定番である「UQWiMAX」。料金も安く速度に関しては全モバイルルーターの中で一番速くなっています。

UQWiMAXはプロバイダーを選ぶ必要があり、それによってキャンペーンが変わります。

《この料金プランはオススメ1位のGMOとくとくBBで紹介しています。もっと詳しく比較したい人はこちら》

auのスマホ割も適用になるので、auユーザーや、少しでも速い速度を求めている人はUQWiMAXがオススメです。

WiMAXの詳細を見る

NEXTmobile

割引料金 基本料金
料金 20GB
30GB
50GB
2年:2,760円
2年:3,490円
1年:3,490円
3,695円
3,695円
4,880円
速度 150メガ
制限 選べる
契約期間 2年の自動更新
オプション 安心サポート:300円
MyNEXTサポート:907円
その他 クレカのみ(30GBのみ口座OK)

NEXTMOBILEは毎月2,760円という安さで使えるモバイルルーターです。

しかし「月に20GBの制限」と「速度が150メガ」というデメリットがあります。

月の制限に関しては以下が目安です。

20GBの目安 1日あたりの目安(30日の場合)
サイト観覧
LINE通話
YouTube
約132,000ページ
約800時間
約40時間
約4,400時間
約26時間
約1.3時間

※あくまで目安です。利用環境によって大きく変動することがあります。

サイトやSNSくらいなら毎日使っても問題なさそうですが、一番大きいのは動画ですね。YouTubeやSNSなどで毎日動画を見る場合には制限がかかるかもしれません。

また、速度は150メガでソフトバンクの電波を使っています。他社と比べると若干遅くなることもあります。

「あまり使わないし速度にもこだわらないからとにかく安いのがいい!」という人にオススメです。

NEXTmobileの詳細を見る

Y!mobile(ワイモバイル)

601ZT 603HW
料金 1GB:1,980円
5GB:2,480円
7GB:3,696円
無制限:4,380円
速度 112.5メガ 612メガ
契約期間 3年の自動更新

よくCMをしていて知名度もあるY!mobile。料金の安さはNO.1で、毎月イチキュッパで使えるとインパクトがあります。

しかし、実際は制限があり速度も遅いですね。特にイチキュッパプランは月に1GBしか使えないので、動画を一日見たら即制限がかかってしまいます。

無制限プランもありますが、であれば上であげたモバイルルーターの方が安いため、少しオススメしづらいモバイルルーターとなります。

Y!mobileの詳細を見る

《おまけ》失敗するチェックリスト

最後に、インターネットを契約する上で「失敗した!」という声をまとめていきたいと思います。

インターネット契約で失敗するとしたらここであげたものなので、逆を言えばこちらに注意すればまず失敗しません。

是非最後にチェックしてみてください。

メジャーなのを選ぼう

インターネットは基本「みんなが入っているもの」の中から申し込むことが重要。なぜなら、予算があるのでキャンペーンが豊富だし結局お得になるからです。

マイナーなものだと予算が少ないので工事費がガッツリかかってしまったりキャッシュバックが貰えずお得感が少なくなります。

また、なにか合ったときに調べてみても全然情報が出なかったり、最悪は途中でサービス終了するなんてこともあります。

 

ちなみにメジャーというのは「有名」ということだけでなく「人気」、つまり加入者の多さも重要。例えばレンタルビデオTSUTAYAが出している光回線もありましたが、加入者が少ないためサービス終了しました。

オススメは以下の回線です。

  • NURO光・auひかり・ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光

モバイルルーターじゃゲームは出来ない

工事がなくて簡単そうだからとモバイルルーターを気軽に選んでしまう人がいますが、これで失敗する人が多くいます。

モバイルルーターは遅いわけではなく、何に利用するかで満足度が変わります。普通にスマホにWi-Fiで繋ぐくらいなら「速い!」となりますし、家庭用ゲーム機でガッツリとオンラインゲームをしようとしたら「カクカクで遅すぎる!」となるわけですね。

光回線はどれを選んでもかなり速いですし、工事は入りますが無料になり、料金も安くなっていますので、たくさんネットを使いたい人は必ず光回線を選んだ方が毎日とっても快適になります。

キャッシュバックの手続きは忘れるな

光回線に関してはキャッシュバックのために手続きが必要です。手続き自体はとても簡単で、送られてきたメールから口座情報などを入力するだけですね。

しかし、このメールが送られてくるのが数ヶ月後で、忘れると貰えないというリスクがあります。

こちらでオススメした光回線には、こういった手続きがある場合にはしっかりと記載していますので、忘れないようにチェックしましょう。

また、モバイルルーターに関してもオプションが付いてきてしまうものがあるので、こちらも解約を忘れないようにメモ。もし不安ならこういった条件のないものを選ぶと安心です。

光回線は早めに申し込もう

光回線に関しては申し込みから開通まで、戸建てなら1ヶ月、マンションなら2週間ほどの期間が必要です。

また込み具合などによってはさらに伸びることもあるため、ストレスになることが多いようですね。

逆に、都合に合わせて工事日を遅くすることはできるので、申し込みが決まったら出来るだけすぐに申し込むようにしましょう。

また、引っ越し先で使う場合には引っ越す前から申し込んでおくと、引っ越し日に合わせてネットも使えるようになるのでチェックです。

この中から選べば間違いなし

  • スマホもPCもゲームも!快適な速度で楽しみたい!→光回線
  • スマホメインで速度はあまり気にしない!→モバイルルーター
種類 回線名 スマホ割 オススメポイント
光回線 auひかり au マンションNO.1
キャッシュバック最高額
ビッグローブ光 au スマホ割適用
NURO光 SB 戸建てNO.1
インターネット最速
ソフトバンク光 SB スマホ割適用
ドコモ光 docomo スマホ割適用
モバイル
ルーター
どんなときもWi-Fi 安く速度も安定
UQWiMAX au モバイルルーター最速
NEXTmobile 最安値だが月20GBの制限アリ

以上を是非参考にして、失敗のないインターネット選びにお役立ててみてくださいね。

Pocket