DTI光って実際どうなの?評判や速度、キャンペーン内容を徹底調査

この記事では、プロバイダーを提供している「DTI」が展開する光コラボレーション「DTI光」についてまとめています。

この記事の内容を簡単にまとめると…

  • どんな特徴があるのか
  • 料金などのサービス内容
  • 評判・口コミはどうか
  • 他社との徹底比較

この様な内容でまとめています。

今現在DTIをプロバイダーとして使われている方、またはフレッツ光を使われている方で、光コラボレーションに勧誘された方も多いのではないでしょうか?

パッと聞いた感じ光コラボレーションは安く感じるかもしれませんが、ちょっと待ってください!

「安くなるよ!」という言葉に騙されないで、しっかり内容を把握して納得した上で契約していきたい所です。

契約するか迷われている方、是非最期まで読んでいただければと思います◎

DTI光って?

戸建てマンション
月額料金4,800円3,600円
回線速度1ギガ100メガ/200メガ
工事費18,000円15,000円
事務手数料新規:800円/転用:1,800円
スマホ割auスマホ、格安SIM
違約金
キャッシュバック19,000円(新規のみ)
評価
(3.5)

ではまずは、DTI光についてお話していきたいと思います。

オリジナルの割引サービスがある

DTI 光は、NTTフレッツ光の回線を利用して展開されている「光コラボレーション」の中の一つで、東京電力系列を経ている株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営している光回線サービスです。

東京電力系列の会社が行っているのもあって、回線契約と同時に東京ガスのガス・電気セットを契約すると割引される…という独自のサービスも行っています。

それにプラスして、DTIが提供している格安SIMユーザーや、auスマホユーザーへのセット割引も行っています。

スマホのキャリアがauの人にとっては、嬉しいサービスですね!

最低利用期間が無いのが最大の魅力

DTI光では、他の光回線にあるような「最低利用期間」が一切ありません。

「2~3年契約」の様な縛りがないので、いつやめても大丈夫というシステムになっています。もちろん、違約金などもかかりません。

他社の光回線が「2~3年契約」の縛りが多い中でこのシステムはちょっと珍しいですよね。

DTI光を試してみたいな…と思われている方も、入りやすいシステムにはなっていますし、転勤等で引っ越す事が多い方にとってはすごくメリットになるのではないでしょうか◎

価格は若干安めの設定

大手光回線の会社と比べると、料金単体で見た時は、他社よりも若干安い事がわかります。

ホームタイプマンションタイプ
DTI光4,800円3,600円
auひかり5,100円3,800円
ソフトバンク光5,200円3,800円
ドコモ光5,200円4,000円
フレッツ光6,200円5,100円

ただし、割引サービスについては各社違うものを用意していて、スマホのキャリアによって差があったり、キャッシュバックの金額の違いでも差がついてくる所です。

上記金額からどれだけ割引サービスが適用になってくるかで、月額もガラッと変わってくるのです。

なので、料金表をパッと見て「月額の料金が安い=お得」という訳ではないので注意してくださいね!

総合評価★★★☆☆

DTI光は、光コラボや光回線の中でも、値段は平均的か気持ち安いかくらいのサービスですが、スマホとのセット割引等を利用すれば他社よりも安くなるという可能性があります。

また、最低利用期間がないのはいいですね。いつ解約しても解約金がかからないので、引っ越しが多い方にとってはメリットかなと思います。

ただし、回線自体はフレッツ光を使っているので、速度に関しては早い人と遅い人の差がかなり開いてしまうという所はデメリット。こればっかりは、契約して繋いでみたり、現在の状況と照らし合わせて相談してみるしかなさそうです。

様々な事を合わせて考えてみると「DTI光よりいい条件の光回線は沢山ある!」という評価となりました。

料金は?

次に、料金周り等をチェックしていきたいと思います。

ファミリータイプマンションタイプ
基本料金4,800円3,600円
工事費(新規のみ)18,000円15,000円
事務手数料新規:800円/転用:1,800円
契約期間
解約金

基本料金:4,800円

DTI光では、新規・転用ともに利用料金は変わりません。

ファミリータイプマンションタイプ
基本料金4,800円3,600円
最低契約期間

何年継続して使っても高くなることも無い上に、契約期間の縛りが無いのが最大のメリットです。どこも自動更新システムだったり2年契約があったりする中で、珍しいシステムになっていますね。

試してみたい方や、転勤族などの引っ越しが多い方にとっては、ありがたいシステムになっています。

ただし、長く使ったら使っただけ安くなる…といった割引サービスが無いのも特徴。

割引サービス自体はあるのですが、それに適用されない場合は何年使ってもこの値段、という事になります。

工事費:18,000円

ファミリータイプマンションタイプ
工事費18,000円15,000円
土日・祝日+3,000円

工事費は上記の通りです。土日・祝日に工事を希望する場合は、上記金額にプラス3,000円がかかってきます。

そしてここに、契約内容に応じた事務手数料も加算されていき、その合計が初期費用となります。

ただ、この工事費は実質キャッシュバックで相殺する事が出来ます。ですが、キャッシュバックで相殺した結果、キャッシュバック自体は手元に残らない…という事になってしまいます…。

それを良しとするかどうか、という所は悩みどころですね…。

事務手数料:800円~

新規転用
事務手数料800円1,800円

事務手数料は、新規と転用で変わってきます。ファミリー・マンションでの差はありません。

転用の場合は工事費がかからない事が多いので、新規よりも事務手数料が高い…という事になります。

違約金は”0円”!

ここがポイント。DTI光は「最低契約期間」が無いので、いつ解約しても違約金がかかりません。極端な話、契約してから一週間で解約しても、0円で解約する事ができる…という事になります。

引っ越しが多い方や、試しにDTI光を使ってみたい!と思われている方にとっては嬉しいポイントになってきますね。

キャッシュバック:19,000円

キャッシュバックに関しては、新規の方のみ限定のキャッシュバックになりますので、転用の方はキャッシュバックをもらう事は出来ません。

キャッシュバックを貰う条件はDTI光を7ヶ月以上使い続ける事。これだけです。

また、契約するプランによって、キャッシュバックの金額が変わってきます。

ファミリータイプマンションタイプ
光回線のみの契約15,000円13,000円
ひかり電話も合わせて契約19,000円16,000円

この図を見てわかる通り、ひかり電話を合わせて契約しないと値段が下がってしまいます。

ここで考えなくてはいけないのは、新規の方は工事費がかかるので18,000円の出費が必ずあります。そこを相殺するよ、というキャッシュバックになるのですが…

ひかり電話を合わせて契約しないと実質工事費が無料にならない、という結果に。

光回線のみを契約してしまうと、キャッシュバックで補えなかった工事費3,000円+事務手数料=3,800円がかかってくる、という事になります。

そこまで痛い出費ではありませんが、なんだか腑に落ちないという方も多いのではないでしょうか。

オプションサービス

オプションサービスは、基本無料で追加できるものが多いですが、お金がかかってくるものもありますので、こちらに一覧でまとめさせて頂きます。

内容月額
ひかり電話500円(初月無料)
光テレビ750円(初月無料)
光あんしんリモートサポート500円(初月無料)
IPv6(IPoE)接続サービス機器代300円(12ヶ月無料)

まず、キャッシュバックを最大に貰う為に契約しなければならない「ひかり電話」は月額が500円。つまり毎月の利用料金+500円が加算される事になるので、初月無料だったとしても実質年間5,500円を支払わなければなりません。

そして、速度を安定して出す事が出来る様になる「IPv6」の接続サービス。

ネットの回線速度を安定させたいなら必ず追加するべきオプションなのですが、その接続サービスを行う為の「ルーター」と飛ばれる機器が必要になります。

そのルーターは最大12ヶ月無料なので、1年間は無料で安定した速度でネットを使う事が出来ますが、2年目以降は月額300円かかりますのでご注意を。

上記のオプションのほかに、無料で使う事ができるオプションはコチラ。

メールサービスメールアドレスをもう一つ無料で使えるようになる。
ウィルスチェックウィルス感染をチェックしてくれる。
迷惑メールチェックサーバー側で自動的に迷惑メールを回避してくれる。
迷惑メールブロック自分で指定したアドレス等のメールをブロックできる。
SiLK TouchPCトラブルがあった際に遠隔操作でサポート対応してくれる。
U+Link外出先等でも自宅PCのデータを引っ張り出せる。
ホームページサービス最大100Mまで使えるHPを無料で作る事ができる。

こちらは全て無料で付ける事ができるので、月額はかかりません。お好みで好きなオプションを付けると良いでしょう。

割引①auスマホとのセット割:最大1,200円引き

DTI光では、大きく分けて3つの割引サービスがあります。順番に説明していきたいと思います。

まずは、auスマホ、ケータイ、タブレットを同時に契約するとセット割が適用されるサービス。こちらは、今契約されている方も適用されますので、「今もうauスマホ使ってるよー!」という方にも適用されます。

現在契約されているプランによって割引額は違うのですが、毎月最大で1,200円割引になります。

データ定額5~20G毎月1,200 割引
データ定額1~5G毎月500 割引

ちなみに、最大割引後の料金はコチラ☟

ファミリータイプマンションタイプ
最大割引後の月額料金3,600円2,400円

毎月、かなりの金額を割引してくれますので、パッと見かなり良いサービスかなと思いますが…

同じauスマホを使っているのであれば、auひかりなどで展開している「スマートバリュー」の方が断然お得に割引をしてくれますよ◎

こちらのauスマホ割は、割引が適用されるのが「光回線契約者のみ」となっています。それに対して「スマートバリュー」は、「光回線契約者+同じ世帯に住んでいる家族の分」も適用されるんです。

一人暮らしをしているなら別ですが、同じ世帯に家族がいて、更にauスマホを使っているのであれば、auひかりの方が断然お得になりますよ!

auひかりの評判を見る

割引②DTIの格安SIM割:毎月150円引き

では次に、DTIの格安SIMを同時契約でのセット割をご紹介します。

DTI格安SIMは月額600円~2,200円で利用することができ、使いたいデータ容量によって料金が変わります。

そして、この格安SIMを契約すると毎月150円割引が適用されます。

例えば今回は最低額の600円で比較してみましょう。

ファミリータイプマンションタイプ
割引後の合計月額料金(600円+4,800円=5,400円)
5,400円-150円=5,250円
(600円+3,600円=4,200円)
4,200円-150円=4,050円

格安SIMとのセットでこの金額です。

安いか高いかという所は人それぞれだと思いますが、割引額自体は安いかな?と感じます。

…ちなみに、auセット割が適用されていた場合はこちらの割引は適用外となります。格安SIMを新たに契約したとしても、割引は適用されませんのでご注意を。

割引③東京ガス・東京電力とのセット割:100円~

最後の割引はコチラ。東京ガス・東京電力を両方契約すると、月額がそれぞれ割引になるサービスです。

こちらは、ファミリータイプとマンションタイプで割引額が違います。

ファミリー(割引250円)マンション(割引100円)
割引後の月額料金4,550円3,500円

毎月の金額から100円~250円が割引となりますが…ちなみにこちらも、auセット割が適用されていた場合は割引適用外となります。

つまり、auセット割が適用されている場合は、格安SIM割引も、東京ガス割引も適用されない、という事になりますので、最大割引金額はauセット割のみという事になります。

申し込み方法:WEBか電話で行う

申し込み方法は2パターンあります。WEBか電話の申し込みで行う事が出来ますので、合わせてご紹介します。

WEB申し込みの場合公式WEBサイト
電話申し込みの場合0120-665-495

こちらの2パターンから申し込む事が出来ますので、お好きな方で申し込み手続きを行ってください。

今現在の状況や料金シミュレーション等、わからない事がある場合は、電話で問い合わせを行ってからの方が安全ですので、契約の話をする時は慎重に行い、不明点が一切ない状態で契約しましょう。

速度

次に、DTI光の速度についてお話していきたいと思います。

回線速度:1ギガ

DTI光の回線速度は1ギガです。回線自体はフレッツ光の回線を使っているので、回線の速度は「フレッツ光と同じくらい早い」ということになります。

ただ、回線の速度自体は1ギガになっていても、今住んでいる場所や地域によって速度に差がでてしまうのも事実。

ですが、DTI光では「IPv6」という接続機能を搭載しています。今まで速度が遅いと感じていた人も、早くなったのを実感できることが増えてくると思います。

では、その「IPv6」とはなんなのかご紹介していきます。

IPv6

DTI光では「IPv6」という接続方法を取り扱っています。

IPv6は、利用者がどれだけ多くても速度が落ちることがほぼ無いようなシステムで、快適でスピーディにインターネットを使う事ができる、と言われている新しい接続方法です。

もちろんYouTubeやニコニコ動画などの動画サイトでもスムーズに動画を見ることもできます。

ですが、そもそもその接続方法を使っても、大元の回線は「フレッツ光」で利用者が多いという事になると、接続する以前に遅くなってしまう可能性もある、というトラブルも起きる可能性があります。

解約方法は?

固定電話から…0120-830-501

携帯電話から…03-5749-8091

DTI光を解約する際には、こちらの電話番号に連絡して解約手続きを行いましょう。

メールフォームでの解約も可能なので、メールで解約の申請をする場合には、契約した際に教えてもらうDTI会員サイトから連絡をする事も可能です。

ちなみに、解約・退会の申し込みは、毎月25日(土日祝日の場合は翌営業日)までの受付分が当月受付となります。

25日を過ぎてしまうと解約は翌月になってしまうので、DTI光を即月で解約したい場合には25日を過ぎてしまわない様に注意して電話する様にしましょう!

評判・口コミは?

では次に、口コミと評判を見ていきましょう。まずは、メリットの部分の口コミから。

契約期間が無い事を喜んでいる方は多そうです。

評判①契約縛り無しに惹かれる

こちらの方が書いている様に、DTI光は縛り契約期間が無いので、いつでも解約する事ができるのがかなりのメリットだと思います。半年以上使い続けるのであれば、キャッシュバックも無事貰う事が出来ます。

やはり、違約金が無い事に喜ばれている方は多そうです。

こちらの方が書いてますが「工事費キャッシュバック」について。工事費が実質無料になるキャッシュバック満額を貰えるのは、ひかり電話を合わせて契約した場合のみなのでご注意を!

次にauひかりと悩まれている方の口コミを見てみましょう。

おそらくこの方は、auスマホをお持ちの方で同じ様に割引があるので悩まれているのかもしれませんね…。

auのスマホ割だけでみるならば、auひかりの方が断然お得です。工事費もauひかりなら実質無料で行ってくれます。

ただし、違約金や契約期間を関係なく選びたいなら、DTI光の方が良いかもしれませんね。

評判②速度は人それぞれ

次に、速度についてのお話を見ていきましょう。

こちらの方の速度は、めちゃめちゃ早いですね!(笑)

このくらいの速度が出ると、インターネット閲覧はもちろん、ネットゲームや動画鑑賞などもストレスなくスムーズに見る事ができるでしょう◎

次に、遅いと感じている方の口コミ。

こちらの方は、かなり速度が遅いですね…。1Mも出ていないというのは、もうもはやメールを送信するのですら時間がかかってしまうという事になります…。

こうなってしまうと、もうネットを使うどころではなくなってしまいますね…。

コチラの方も、遅いという口コミ。夜、皆さんが使いたいと思われる時間帯には、マンションやアパートの様な集合住宅地になると、より混雑してしまう可能性があります。

マンションタイプ等では、そのマンション自体に引かれている光回線を、そのマンションの同じ回線を使っている住人全員で使う事になりますので、結果として速度が落ちやすくなってしまうんですね…。

評判③サポート対応がよかった

では次に、サポート対応が良かった、という口コミを見つけましたので、見ていってみましょう。

DTI光は、サポート対応が良かったという口コミを多数見ました。カスタマーサービスセンターがしっかり教育を行っているという事ですね。

困ったときにしっかり対応してくれると、安心して回線などを利用する事が出来るので、良いですね◎

評判④キャッシュバックがなくなった!?

なんと、キャッシュバックが受けられなくなった方の口コミを発見しました。どういう事なのでしょうか…?

なるほど。こちらの方は、引っ越しした際にDTI光に新規で契約した方ですね。

引っ越し先がフレッツ光だった場合は回線工事が必要ないので、それで新規だったにも関わらず、キャッシュバックがなくなった…という事なのでしょう。

ネットワーク工事料が2,000円。こちらはHP等にも記載はありませんが、引っ越しの際は別途工事費がかかってしまう可能性は十分にあります。

しっかり条件等も確認してから契約を行う様にした方が、無駄な出費をしてしまわなくてすみますよ◎

 

…という事で、口コミや評判はこんな感じです。

やはり、違約金と最低契約期間が無い事は、ユーザーのみなさんも満足するポイントになっている様子でした。

あと、カスタマーサービスの対応が良いという口コミも多数みつけたので、そこも良いポイントかなと思います。

速度に関しては、最新の接続方法をオプションで付ける事が出来ますが…エリアや混雑状況によって変わってくる可能性は十分にありますので、そこは注意が必要ですね…。

総合評価…Cランク★★★☆☆

DTI光についての総合評価はCランクです。簡単にまとめるとこのような感じです。

  • 現在フレッツ光を使っているなら安くなる
  • auスマホを使っているならばauひかりのが断然お得
  • 新規ならもっといい光回線がある

まずは、現状フレッツ光とプロバイダを別々に契約している方で「毎月の料金を安くしたい!」という事であれば転用して乗り換えるのはお得だと思います。請求先も一つになるのでその点も楽になります。

ですが、新規でフレッツ光の回線を引かなければならない方にとっては、正直オススメできません。

新規の方のみ工事費と同額のキャッシュバックが受けられるのは確かですが、そのキャッシュバックを受ける為には、ひかり電話に加入しなければならないといけません。

結果として5,500円かかってしまう事を考えると、キャッシュバックで工事費がかからない分、5,500円が増えてしまいます。

諸々の結果を見ていくと…

割引サービスが最大限適用になったとしても、もっといい条件の光回線がある
という結果にまとまりました。

もっとあなたにピッタリな光回線は見つかると思いますので、是非他社との比較も含めて、検討してみてくださいね!!

他社光回線との比較

というわけで、最後に他社との利用金額やサービス内容などを比較してみましょう。条件なども会社によって様々なので、あなたに一番ピッタリな会社をチェックしていってみましょう◎

フレッツ光と比較

ホームタイプ/最大割引後マンションタイプ/最大割引後
DTI光4,800円/3,600円3,600円/2,400円
フレッツ光5,700円/4,700円+プロバイダ代3,350円/3,050円+プロバイダ代

DTI光は、フレッツ光とまったく同じ回線を使っているので、速度的にはまったく同じものになります。

ただ、フレッツ光の月額料金にはプロバイダ代が含まれていませんので、料金だけで見てもDTI光の方が安くなっています。

上記最大割引はauスマホを使っていた場合の金額合計になりますが…フレッツ光に今現在入っているという事ならば、割引が適用されなくてもDTI光にした方が料金が安くなる、という事がお分かりいただけるかと思います。

auの割引がある光と比較

次に、auスマホを使っている人向けの、スマホ割のサービス内容について比較していきましょう。今回はauひかりとの比較をご紹介していきます。

セット割割引額条件
DTI光auスマホ割月額から500円~1,200円契約者の分のみ適用
auひかりスマートバリュー月額から500円~2,000円家族内のauユーザーの人数分適用

auひかりでは、「スマートバリュー」というセット割引サービスを行っています。

スマートバリューはauスマホユーザー限定の割引サービスで、auひかりの回線とひかり電話を同時契約すると適用される割引です。

割引額はauスマホの契約プラン内容によって変わりますが、基本的にはデータ容量が高いプランを契約している人ほど割引額が高いですよーといった形です。

DTI光のスマホ割との最大の違いは「割引適用額」の違いです。

DTI光は、DTI光の契約者本人のスマホだけが割引対象となるのですが、auひかりのスマートバリューは、契約者本人+家族のauスマホもすべて割引対象となります。

つまり、あなた以外の家族がauスマホを使っていれば、適用される割引額×人数分=合計割引額という形になりますので、人数に応じて大幅に料金を割引することが可能となるのです。

家族でauユーザーがいるのであれば確実にauひかりのほうが割引率が高い、という事になります。

auひかり ★★★★★
  • DTI光よりも31,000円お得
  • DTI光よりも口コミが良く速い

長年提供し続けていて口コミも高評価な大人気回線のauひかり。料金も安く速度も速く、キャッシュバックも高額でお得です。

NTTの回線ではないのでフレッツ光から乗り換える際には工事が入りますが、その分速度も速いですし、フレッツ光の違約金もKDDIから還元してもらうことができます。

デメリットとしては、ホームの場合工事費が無料になるまで5年もかかるという部分がありますが、光回線はずっと使い続けるものですし、快適に使い続けられる内容にもなっています。

(マンションタイプは年契約なし。工事費は2年使えば無料となります。)

auのスマホを使っているなら是非同じauの光回線を選びましょう。

auひかりの評判を見る

まとめ

DTI光は、こんな人にとってはオススメです。

  • 一人暮らしのauスマホユーザー
  • 引っ越しする事が多い仕事をしている
  • 違約金がかからないから試してみたい

やはり、口コミにも多くありましたが、引っ越しで回線を解約しなければならなくなってしまう可能性が高い人にとっては、違約金がかからないというのは最大のメリットです。

また、DTI光のauスマホユーザー向けのセット割は最大1,200円引いてくれるので、一人暮らし等を行っているのであれば、この割引は結構大きいのではないでしょうか。

ただし、家族でネット回線を使う際、auスマホユーザーが家族に多いのであればauひかりの「スマートバリュー」のが断然お得ですので、その場合はauひかりを選びましょう。

ただし、auひかりは対応エリアがまだ広くないというデメリットがあるので、そのエリアに対応されていない方からすると、次点でauスマホのセット割のあるDTI光を選ばれる方も多くなっているようです。

条件等は光回線によって様々ですので、あなた自身に一番ピッタリあった光回線を見つけてみて下さいね!