UQWiMAXのお試し「TryWiMAX」はどこで出来る?5つの注意&申込み方法

UQWiMAXでは【TryWiMAX】という、お試し期間があります。

インターネット契約をしてから、「使ってみたけどやっぱりやめたい」と思っても通常は違約金がかかります。

でもUQWiMAXでは、そんな後悔をしない為に15日間無料でレンタルすることができるんです。

これはインターネット契約をする中で、他にはないサービスなので「WiMAXが気になっている」という人に是非試して欲しいサービスです。

「じゃあTryWiMAXはどこで申し込めばいいの?」

契約する前に試せるサービスならすぐに使ってみたいですが、申込み方法がわからなければ意味がありませんよね。

 

というわけで、ここでは失敗しない為にどうやってTryWiMAXに申し込めば良いのか注意ポイントを含めてまとめてみました。

  1. TryWiMAXについて
  2. 注意すべきこと
  3. 申込み方法

注意すべきこともあるので、何も知らずに契約してしまうと「無料のはずなのにお金が発生した!」と損をしてしまうかもしれません。

そうならない為にも、UQWiMAXを契約しようか悩んでいる人は是非参考にしてみてくださいね。

UQWiMAXの「Try WiMAX」とは!?

まず最初に、UQWiMAXを試すことができる「TryWiMAX」について紹介していきます。

お試しといっても、どこまで使うことができるのか、どのくらいの期間使えるかわからないと不安ですよね。

ここでは、このTryWiMAXがどんなサービスなのかをまとめたのでチェックしてみましょう。

15日間無料でWiMAXを試せる

UQWiMAXでは、「TryWiMAX」のサービスを申込むと15日間無料で試すことができます。

公式サイトでしかできないサービスなので、試したい人は公式サイトをチェックしましょう。

詳しい申込み方法については、最後に紹介しています

  • 事務手数料
  • 端末レンタル代
  • 配送料
  • 利用料
  • 解約料

15日間のレンタルであれば、これらの料金が全てかからず完全無料で試すことができます。

使ってみなければ、自分で疑問に思っていることはわからないし、解決しないので少しの間だけでも試せるなら使ってみて損はありません。

ネットの速度やエリアが重要なので、1〜2日使ってみれば自分にとって必要かわかりますよね。

UQWiMAXが気になっている人は、契約する前にお試しができるTryWiMAXから利用してみましょう。

色々な端末と接続して試せる

機種W05
L01/L01s
WX04
W04
WX03
W03
利用場所室内・野外室内のみ室内・野外室内・野外室内・野外室内・野外
下り最大速度758Mbps440Mbps758Mbps440Mbps440Mbps370Mbps
接続バッテリー 約9時間コンセント約8時間約6時間約7時間約8時間

現在は、この中の端末から選んで使うことができます。

モバイルルーターだけじゃなくホームルーターも試すことができるので、「外出先では使わないから自宅のみが良い!」という人はホームルームでも良いですね。

借りた端末で、スマホやパソコン、ネット接続ができるゲーム機器などを繋げてみて、どのくらいの速度なのかも試してみましょう。

貸出している端末は、型が古いので新しいものと比べると速度が落ちますが、440Mbpsでもインターネットを使う程度であれば問題なくストレスフリーで楽しむことができます。

エリア・速度を試せる

UQWiMAXは、auの電波を使っているのでauが使えるエリアであれば、ほとんど使えると思って大丈夫です。

ただし速度はあくまでも「最大」なので、エリアや通信環境によっては速度が変化します。

ちなみにWiMAXとWiMAX2+と、2種類の電波がありますがこれはどちらかを選ばなければいけないというわけじゃありません。

  • WiMAX→旧回線
  • WiMAX2+→新回線

現在新しい回線のWiMAX2+に切り替え中なので、2つの回線で紹介されています。

お客様サポートで確認してみたところ、2020年には全てWiMAX2+になるそうで、どちらの回線を使っても問題はないとのことでした。

速度もエリアも15日間のお試し期間に使うことができるので、実際に試してみましょう。

UQWiMAXの公式HPを見る

口コミが高評価だから試す価値あり!

お試し期間があるので、使ってみて損をすることはありませんが、口コミ重視している人にとっては「どんなものかわからないから不安」という気持ちもあると思います。

実際に使ってみた人たちの口コミをまとめたので、良かったら参考にしてみてください。

使っている人たちの口コミを見てみると、WiMAXを試してみて速度に満足している声がとっても多かったです。

光回線であるフレッツ光よりも速いというのは、速度にも期待ができるので自分のエリアでも同じように使えるのか試してみたいですよね。

「速度が気になる!」
という人はたくさんいるので、WiMAXがどうなのか気になると思いますが、口コミも高評価なので速度には期待できます。

申込む前に!注意すべき5つのポイント

それでは申込み!といきたいところですが…
申込む前に、無料で使う為に注意してほしいポイントについてお話させてください。

それぞれ5つに分けて紹介しているので、後で後悔しない為にも一緒にチェックしてくださいね。

1・お試し期間は発送・返却日を含めた日数

貸出期間について貸出期間は貸出機器の発送日と返却日を含む15日間です。

なお、返却日はUQに到着する日になります。地域・交通状況等により端末の到着に2、3日要する場合がございます。
公式サイトより

Try WiMAXは、15日間無料ですがいつからいつまでを指しているのかを把握しておかないと違約金が発生してしまうので気をつけてください。

15日間=発送された日から返却してUQに到着した日

なので、発送されたらそこから1日目になります。

ちなみに14:30までに申し込めば、最短で当日発送が可能です。
着日指定はできませんが、時間帯指定は可能です。(※年末年始を除く)

発送期間を考えると、実際に使える期間は10日間です。

私は「届いたら15日も使えるなんて凄い!」と思っていたので、知らずに使っていたら危うく返却期間を過ぎて違約金が発生するところでした。

「15日間以内に返却できるか不安かも…」
という人でも、返却期間のお知らせメールが届くので忘れずに返すことができますよ!

心配な人は、自分で手帳やスマホに忘れないようにメモしておきましょう。

そもそもお試しなので、自宅や外出先で使うとしても2〜3日あれば十分ですよね。
試してみて満足し人は、すぐに返却して契約することをおすすめします。

2・対応エリアを確認しておく

基本的にはUQWiMAXは全国のエリアでも使えますが、場所によっては対応していないところもあります。

申込んでもエリア外だったら、そこで待っていた時間も勿体無いですよね。

なのでお試しを申込む予定の人は、念の為に自分の住んでいる付近が対象なのかを確認しておくことをおすすめします。

公式サイトでエリアチェックできるので、是非コチラから確認してみてくださいね。

【ピンポインエリア判定】で住所入力して検索すると、そのエリアが使えるか「◯」、「△」、「☓」判定してくれます。

「◯」であれば対応しているので使えますが、どのくらいの速度が出るのか、外出先でも使えるのか判断したほうが良いと思うのでTryWiMAXを試すことをおすすめします。

3・クレジットカードでの支払いが必要

お申し込み者ご本人様名義のクレジットカードをご登録いただける方(デビットカードはご利用いただけません)。

※お申し込み手続き完了後、ご登録いただいたクレジットカードのショッピング利用枠を一時的に機器購入代金相当額分確保させていただきます。
公式サイトより

UQWiMAXの支払いは、クレジットカードのみです。

もしも口座振替希望であれば、ここで紹介しているTryWiMAXの15日間お試しはできないので注意してください。

4・申込むのは通信制限が少ない月末がおすすめ

レンタルサービスの性質上、同一月内に一台の機器を複数のお客様が利用する場合があります。

その場合、他のお客様の通信量を合算した月内の総通信量が速度制限の対象となりますので、あらかじめご了承ください。

またレンタルサービスをご利用中、動画配信、オンラインゲーム等データ量の多い通信の長時間のご利用はお控えください。
公式サイトより

注意事項を簡単に説明すると、
「お試し期間を使う人達の中で端末を使いまわしているので、前の人が使いすぎると通信制限にかかった状態で届く」
ということです。

なので、極稀に届いた端末が通信制限がかかった状態のときがあります。
どのくらいの速度があるのか確認したいのに、これでは意味がありませんよね。

なので、TryWiMAXでお試しするときは月末に申込んで月初めに届くように申し込めば、通信制限がリセットされた状態で使うことができます。

これを知らずに申込むと「口コミと違って速度が遅いんだけど!?」と、ガッカリするので申込むときはタイミングに注意しましょう。

5・端末を紛失、破損すると料金が発生する

返却期限を過ぎても貸出機器をご返却いただけない場合、または貸出機器を破損・紛失された場合は、本サービスの利用規約に基づき違約金をご登録のクレジットカードにてお支払いいただきます。
公式サイトより

お試しで届いた端末を、万が一紛失したり破損してしまうと違約金が発生します。

モバイルルーターは、パソコンやスマホと同じ精密機械なので、落としたりすると当たりどころによっては壊れてしまいます。

心配な人は、クッション性のある袋に入れて持ち歩くと安心して使うことができますよ。

 

ここまで申し込む前に注意すべきポイントをお話しましたが、契約なしで全て無料で15日間も試すことができるというのは本当に良いサービスだと思います。

配送料や端末代、通信量もかからないのでWiMAXを使おうか悩んでいる人であればこのサービスは本当におすすめです!

申込みから返却までの流れ

それでは申込み方法について紹介していきますね。

TryWiMAXの申込みは、WEB限定なのでお試しをしたい人は公式サイトから申込みましょう。

以前は店頭受付もあったようですが、UQWiMAXの公式サイトで確認してみたところ現在は提供が終了していました。

ここでは申込み方法から返却までの流れをまとめているので、申込む時の参考に一緒にチェックしてみてくださいね。

申し込む前の確認

まず公式サイトでは、TryWiMAXを申込むにあたって条件があるので確認してみましょう。

  1. 日本国内に在住の人
  2. 20歳以上の人(実際に利用する人も20歳以上)
  3. 契約者本人様名義のクレジットカードで登録(デビットカードは負荷)
    ※申込み手続き完了後、登録したクレジットカードのショッピング利用枠を一時的に機器購入代金相当額分確保されます。
  4. 過去180日間以内にTryWiMAXの利用がない、貸出機器の未返却履歴のない人
  5. 利用規約に同意できる人

この条件に対して問題がなければ、OKです。

次に必要なものですが、

  1. 契約者のクレジットカード
  2. 連絡先メールアドレス
  3. SMS対応の電話番号、またはキャリアメールアドレス

この3つが必要です。

もしもSMS対応の電話番号、またはキャリアメールアドレスを持っていない場合は、書面での申込みになります。

申込書をダウンロードして記入したら、ラベルに住所が記載されているのでそちらの住所に本人確認書類のコピーを同封して一緒にUQお客さまセンターまで送ってください。(宛名ラベルをご利用の場合、切手は不要です)

申込み方法

申込み方法はとっても簡単です。

  1. 必要情報を入力して仮登録する
  2. 登録したアドレスに届いたURLから本登録

WEBでの申込みになるので、入力するだけで終わるので、もう少し詳しく説明していきますね。

最初に、【無料でお試しする】ボタンをクリックします。

約款・利用規約・重要事項説明を確認してください。
(確認すると、チェック項目を選択できます)

それぞれの規約に同意できれば申し込めるので「同意する」をクリックして、更に「次へ」をクリックします。

仮登録をするので、認証URLを受け取るための連絡先を入力して「仮登録を完了する」ボタンをクリックします。

登録したアドレスに本登録への認証URLが届きます。

私はSMS(携帯電話番号)に、認証コードが届くようにしたのでこのように送られてきました。

あとは、送られてきた認証URLにSMSに記載されている認証コードを入力して、「認証する」ボタンをクリックします。

最後は必須と赤字になっている箇所を入力、選択して「入力内容確認に進む」をクリックします。

そして確認して、「上記の記載内容を確認した」ボタンをクリックすれば受付は完了です!

返却期限日は、この「出荷完了メール」に記載されています。
忘れそうで不安な人は、必ずわかるようにメモしておきましょう。

※TryWiMAXを申込んだ後にクレジットカード会社から違約金が請求されますが、15日以内に返却が完了すればこのお金はキャンセルされるので安心してください。

使い方ガイド

申込んでから、2日で届きました。

袋に入っていたので「壊れてないかな!?」って心配しましたが、クッション性のある箱に梱包されていたので安心しました。

  1. WiMAX端末本体
  2. ACアダプタ/USBケーブル(充電コード)
  3. 取扱説明書(つなぎ方ガイド)
  4. ご返却方法のカード
  5. ゆうパック着払い伝票
  6. キャンペーンDM

中にはこんな感じで入っています。

ICカードがないとWiMAXを使うことができないので、届いたらまずは端末に差し込みましょう!

充電きは、コンセントタイプとUSBタイプの両方が入っているので自分の好きなほうを使ってくださいね。

返却する時にキャンペーンDM以外は全て返却するので、梱包された箱も含めて失くさないようにとっておいてください。

【接続方法】

  • STEP.1
    初期化する
    まず最初に、機種の設定画面から「メンテナンス」→「初期化」を選んで「はい」を押すと再起動され初期化完了です。
  • STEP.2
    SSIDパスワードを確認
    機種の裏面または説明書に記載の「SSID」と「SSIDパスワード」を確認します。
  • STEP.3
    SSIDパスワード入力
    接続したい機器のWi-Fiをオンにして、設定画面を開くと「SSID」と同じWi-Fiが出てくるので、確認したパスワードを入れてください。

接続方法については、「注意事項」と「はじめてガイド」が入っているのでそこでも確認しながらできます。

接続できたら、あとは自宅やよく使う場所で速度が出るのか実際に使って試してみてください。

これで満足できれば、WiMAXを使ってインターネットを楽しむことができるので契約しても後悔はしませんね!

返却方法

返却する時は、佐川急便を利用します。
佐川急便では3つの返却方法があります。

  1. 窓口
    …佐川急便取扱店(全国の佐川急便営業所・取次店)で手続きできます。
  2. 電話での集荷予約
    …自分が住んでいる近くにある営業所の集荷専用電話に連絡する※通話料無料
  3. インターネットでの集荷
    …無料で使えるユーザーIDを登録後にWeb集荷受付サービスを使う。

レンタルした時に届いたものを全て同梱します。

中身を全て入れたら、同梱されていた伝票を配送する袋(もしくは箱)に差し込みます。

同封されている着払い伝票を入れて、返却します。

注意
・必ず同封の伝票を使う。
・伝票はビニール部分に挿入する。
・段ボールで届いた人は伝票を貼り付ける。
返却期限日までに、レンタルした端末を返却しても会社に到着していないと違約金が発生してしまいます。

なので、必ず期日までに間に合うように発送手続きをしてくださいね。

契約はGMOとくとくBBがおすすめ!

TryWiMAXを利用してみて、「UQWiMAX凄く良かったから申し込もう!」と思ってもそのまま使い続けることはできません。

必ず返却しなければいけないので、再度契約が必要になります。

「申込むのなんてどこでも一緒でしょ?」

いいえ、違います!

結論から言うと、申込むサイトによってキャンペーン内容が違うので、それによってはあなたは損をしてしまうんです!

1番キャンペーンやキャッシュバックが多いのは、「GMOとくとくBB」です。

最大で37,000円のキャッシュバックや、月額料金の割引きがあるので公式で申込むよりもず〜っとお得なんです。

ここが凄い!

・最大で37,000円のキャッシュバック!

・モバイルルーターの機種が無料!

・ギガ放題で申し込むと2ヶ月間3,609円!

・LTEオプション無料プラン!

・20日以内の解約なら違約金がかからない!

GMOとくとくBBで契約すると、こういった特典があります。
公式サイトで申込んでも、これだけの高額キャッシュバックはありません!

ちなみにどうしてこんなにも特典があるのかと言うと…
こちらの会社はWEB申込みのみなので、人件費などがかからない分をキャッシュバックに充てることができているそうです。

UQWiMAXを契約するときは、是非こちらのGMOとくとくBBで申込んでくださいね。

\GMOとくとくBBへの申し込みはコチラ/

最大キャッシュバック37,000円

GMOとくとくBB キャンペーン

まとめ

今回はUQWiMAXを15日間お試しができる「TryWiMAX」についてまとめましたが、如何でしたか?

実際の期間としては、発送されてから返却して会社に到着するまでの間なので15日間丸々使えるというわけではありませんでしたが、完全無料で数日試せるのは安心ですよね。

「WiMAXってどうなの?」と悩んでいる人に、是非試して欲しいです!

使うエリアによってどのくらい速度が変わるのか、契約してから知るのは遅すぎます。

自宅だけじゃなく、よく使う場所で試してみてWiMAXが自分に合っているのかを試すことができるのでおすすめです。

まずは公式サイトから、TryWiMAXで申込んでみましょう。

使ってみて「契約しよう」という人は、GMOとくとくBBが1番お得なのでキャンペーンやキャッシュバックが欲しい人は是非そちらもチェックしてくださいね。